TOP > 科学・学問 > ハイパーカミオカンデ計画が正式始動、2027年の運用開始を予定 - sorae 宇宙へのポータルサイト

ハイパーカミオカンデ計画が正式始動、2027年の運用開始を予定 - sorae 宇宙へのポータルサイト

14コメント 登録日時:2020-02-20 21:19 | sorae.infoキャッシュ

1987年2月、岐阜県の神岡鉱山跡に建設されたニュートリノ検出器「カミオカンデ」は、大マゼラン雲で発生した超新星爆発「SN 1987A」から飛来したニュートリノを検出。計画を率いた小柴昌俊さんは2002年にノーベル物理学…...

ツイッターのコメント(14)

ハイパーカミオカンデ計画が始動とのこと
ハイパーカミオカンデは横倒しタンクになるという話だったけど、
結局、単純なスケールアップになるのね。
:陽子崩壊の探索につながればいいですね
確かとんでもないサイズになるはずなのよなコレ。
この次は、あらゆる素粒子を捕まえることができるマスターカミオカンデができるわけか…
【デカい】70mの超巨大バケツで全物質を通り抜ける超オカルティッキーな粒子ニュートリノをしばきまくる計画始動(バージョンアップで10倍短縮)
せっかく施設が始動するんだから、これを使う人にもちゃんと予算つけて
ハイパーの次はウルトラ?その次は?スーパーカミオカンデ2、3にすればずっと続けられるけどサイヤ人みたいになってしまうしな。
以上

記事本文: ハイパーカミオカンデ計画が正式始動、2027年の運用開始を予定 - sorae 宇宙へのポータルサイト

いま話題の記事