TOP > 科学・学問 > 時速15万キロで移動する恒星間天体「ボリソフ彗星」をハッブルが撮影。動画も公開 - sorae 宇宙へのポータルサイトsorae 宇宙へのポータルサイト

時速15万キロで移動する恒星間天体「ボリソフ彗星」をハッブルが撮影。動画も公開 - sorae 宇宙へのポータルサイトsorae 宇宙へのポータルサイト

10コメント 2019-10-17 21:29 | sorae.infoキャッシュ

人類が発見した2つ目の恒星間天体「ボリソフ彗星(2I/Borisov)」。今年12月の太陽最接近に向けて観測が進められていますが、いよいよ「ハッブル」宇宙望遠鏡によってその姿が撮影されました。10月16日付で公開されてい […]...

ツイッターのコメント(10)

こいつかなり気になる、ぶっ飛んでやがる!
「時速15万キロで移動する恒星間天体『ボリソフ彗星』をハッブルが撮影。動画も公開
:時速15万km(秒速およそ42km)で太陽系内を移動
高速で太陽に接近する恒星間天体ボリソフ彗星、今後の観測にも期待です:
知れば知るほど宇宙は何でもありな気がしてきた。
すげースピード。
12月7日に地球に最接近する彗星、ボリソフ彗星の姿
…肉眼で見えるようにはならないのかな?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR