この悲しみを伝えたら、あなたは戸惑うかもしれない。そう考えてしまう人へ。入江杏さんに聴く「悲しみとともにどう生きるか」 | soar(ソア)

51コメント 2020-10-21 10:28 soar(ソア)

小さな頃から不思議と、親密な仲になる人たちに、ご家族を自死や事件で亡くされた人が多かった。中学校でいちばん仲のよかった友達や長く付き合った交際相手は、きょうだいや親を突然失ったときの戸惑いや悲しさを、...

ツイッターのコメント(51)

「私のもの」ではない喪失体験を語られてしまうことのつらさ

これものすごく分かります
すごく良かった。
最近「寄り添う」ということが傲慢であるって話を見たものだから。
揺れ動く不安定なもの、自分の価値観やイメージから外れるものを受容するのも一つの力かもしれない。
入江さんにはことしの夏に取材の機会をいただいたのですが、その日お聞きしたお話は自分にとっても本当に大事なものになっています(昨日はちょうど世田谷事件から20年の日でした)。喪失感を抱えていることがタブー視されない社会になってほしいと切に思っています
一部引用「「悲しみの水脈」に響くように話す」~
この悲しみを伝えたら、あなたは戸惑うかもしれない。そう考えてしまう人へ。入江杏さんに聴く「悲しみとともにどう生きるか」10/21soar
ずっと「人に話してはいけない」と思っていた自分自身のうつ、自傷、自殺未遂の経験を少しずつ言葉にできたら、と思いはじめている自分にとって良い記事だった。

誰の心にもある「悲しみの水脈」、という言葉がしん、と染みた。日曜の夜。
"一方的な傾きではなくて、ゆるやかにお互いが支えたり支えられたりする、“協働”のようなコミュニティのありかたも、いまは求められてるんじゃないかなって思うんです"

最近はあるから「何をする」に意識してしまうけれど、ただそこに「ある」事を受けとめ、ゆるしていきたい
めちゃめちゃいい記事だなと思って、何度も読み返してしまう。私も父親を亡くしてどう振る舞ったらいいか分からない時期があったな。//この悲しみを伝えたら、あなたは戸惑うかもしれない。そう考えてしまう人へ。入江杏さんに聴く「悲しみとともにどう生きるか」
やわらかい文章のかたまりだった。

"私は、自分が誰かにとって1本の太い糸にはならなくても、100本の細い糸の中の一筋になれればいいって思っています。そういうケアやつながりのあり方が日常になれば、少しは生きやすい社会になるんじゃないかと感じます。"
悲しみとのつきあい方について。
「悲しみの水脈に触れるように話す」というのがすごい腑に落ちました。誰かとほんとに深い話をしているな、という時はお互いにそういう「水脈」に触れている感覚があります。
被曝体験を聞いた時、伝える時にどうしても存在する自分の立ち位置の心許なさは、大き過ぎる話題の故。子どもの頃は気楽ダッタヨ
この悲しみを伝えたら、あなたは戸惑うかもしれない。そう考えてしまう人へ。入江杏さんに聴く「悲しみとともにどう生きるか」 | soar(ソア)
 
PR
PR