生まれつき量が少なく、縮れた髪へのコンプレックス。memeさんが人との違いに悩む自分を、丸ごと受け入れられるようになるまで | soar(ソア)

12コメント 2020-09-16 11:52 soar(ソア)

生まれつき量が少なく、縮れた毛質をしているmemeさんは、「幼い頃から自分の髪はまわりと違うと感じていた」そうです。2016年には「冠花(かんな)の会」を立ち上げ、乏毛症などの髪で悩む人やその家族が情...

ツイッターのコメント(12)

「偏見の目で見られることもあるけれど、温かく見守ってもらえたり、応援してもらえることもあるんです。何よりも、この髪だったからこそ経験できたこと、たくさん考えたこと自体が、私の人生や人格をより豊かにしてくれたと本当に思うんです」

memeさん
私と面識ある方はご存知ですが、memeさんと同じような心持の変化を辿ってきたので涙がこぼれました。
だから今がある、心からそう思えます。
外見、体質、体型。
それらのことで悩んでいる人たちがいる。
それでも理解してくれる人が、場所が必ずあるからね。

まずは自分が自分で良かったと思えたらいいよね。

生まれつき量が少なく、縮れた髪へのコンプレックス。
"どんなことも言わないと伝わらない。だから仲間にむけて髪のこと、クリニックに通っていること、これからも仲良くしたいという気持ちを手紙にしたためたのです"

言葉にして伝える勇気とそれを受け取る仲間との関係性に胸がぎゅっとなりました。
受け容れ、乗り越えた先にある笑顔がとても美しいです✨自分の外見について悩みを持つ多くの人に読んでほしい記事😌
「何よりも、この髪だったからこそ経験できたこと、たくさん考えたこと自体が、私の人生や人格をより豊かにしてくれたと本当に思うんです。」
"治療を受けていたときは「髪が生える」と希望を持っていたのです。だからこそ、「髪が生えないのは私が頑張れなかったからだ」と自分を責める日もありました"

子ども時代のmemeさんの葛藤が、強く伝わってくる。
「自分がその人とどう関わっていきたいのかを軸に相手と向き合うことが大事なのかなと思います。一歩踏み出した先には、分かってくれる人もきっといるし、良さを見出してくれる人もいるはずです」
「偏見を持たれることもありますが、それは『無知』が生み出しているだけかもしれない。自分がその人とどう関わっていきたいのかを軸に相手と向き合うことが大事なのかなと思います。一歩踏み出した先には分かってくれる人もきっといるし、良さを見出してくれる人もいるはず」
"偏見を持たれることもありますが、それは「無知」が生み出しているだけかもしれない。自分がその人とどう関わっていきたいのかを軸に相手と向き合うことが大事なのかな"
memeさんの外見への向き合い方の変化の過程を、幼少期まで遡ってゆっくりとお話してもらいました✨

「何よりも、この髪だったからこそ経験できたこと、たくさん考えたこと自体が、私の人生や人格をより豊かにしてくれたと本当に思うんです」
以上
 
PR
PR