「ビールで痛風になる」は嘘だった! 生活習慣にまつわる“健康迷信”を東大卒医師が解説 | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]

15コメント 2021-04-07 18:27|Smart FLASH

ツイッターのコメント(15)

私は、尿酸値高めのためビールは気にしていましたが、迷信と言われると‥。
この手の話は意外と多いよね
人は見たいものを見る。

・(痛風対策に)ビールをやめて焼酎にしても意味はありません。

・最近は、医学誌で『メタボリック・シンドローム』という言葉を見た記憶がありません。

・メタボ健診についても、それによって寿命が延びるというエビデンスはない
無理してストレス抱えることはないということだな。なら痛風になるのはどういうメカニズムなんだ。
これが真実なら僕にとって今世紀最高の真実!!
ホントそれ!
今日いちばんの名言です!

「人には、『不健康になる権利』があると思います。医者が、健康を名目に患者の生活を邪魔するのは、仕事をはき違えているのでは」
理由は不明ですが、血糖値を厳しく下げたグループのほうが、死亡する人が多いというデータも出ています。( ^ω^ )
FLASHの取材を受けました。

| Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]
何度か痛風発症したオレの経験だと、焼肉とかステーキとか牛肉をガッツリ食った翌〜翌々日あたりに足が痛くなるんで、一番の要因は牛肉かなと。

で、痛風になったらどうするか。
ビールをたっぷり飲む。もちろん水も飲む。血流上げて血管に詰まったモノを洗い流す。コレよ。
「人には『不健康になる権利』があると思います。自分の思うような生活を維持する際病気がそれを邪魔しないよう手助けするのが医者の仕事。医者が健康を名目に患者の生活を邪魔するのは仕事をはき違えて‥」

「ビールで痛風になる」はウソ?生活習慣にまつわる「健康迷信」
こういう間違った知識を正し、安心させてくれるのが本来の尊敬できる医者のあるべき姿
| Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌] こういう逆張り記事、たまに出てくるけどもう何が真実かわからなくなってくるよね
普通に納得できてしまう
医師が言うとアホすぎる
以上
 
PR
PR