2022年に「雇用保険料2.7倍」でサラリーマン給料減!受給できない非正規労働者も続出 | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]

42コメント 2021-04-02 06:57 Smart FLASH

「コロナはすぐに収束するわけではなく、一般財源も潤沢ではないので、今後の(雇用保険の財源の)調整は、かなり難しいです」 厚生労働省・職業安定局雇用保険課の担当者は、そう語った。 雇用保険制度が、新型コ...

ツイッターのコメント(42)

給付金はメリットしかないとかアホな事言うな。寄ってたかって物乞いみたいなことして、既にさっさと回収せなアカン状況見てから言ってくれ。上げることはあっても下げることは無いねんぞ。この先ずっと上がったまんまやねんぞ。結局ワシらから取られんねんぞ。
📢なんと、2022年に「雇用保険料2.7倍」でサラリーマン給料減!
2019年度末に約4.5兆円あった失業者向け事業の積立金は、2021年度末にはわずか1722億円に、約1.5兆円あった休業者向け事業の積立金は、864億円に激減するという。

 失業給付金のほか、企業が従業員に支払う休業手当の一部を補助する「雇用調整助成金」
雇用調整助成金(雇調金)。政府が大胆な政策を取れたのは、コロナ禍前に積み上げてきた豊富な財源があったから

約1.5兆円あった休業者向け事業の積立金は、864億円に激減
今のところ受給要件は変わってないのに何で受給できない非正規労働者が続出するんだ?不安をあおり過ぎでしょう。
まだ決まったわけではないが、とれる所からとる作戦か? ここも本来財政出動が必要ではないのか

2022年に「雇用保険料2.7倍」でサラリーマン給料減!受給できない非正規労働者も続出(SmartFLASH)
>リーマン・ショック直後の2009年度に支払われた雇調金が6534億円だったのに対し、2020年2月以降の支給決定額は4倍以上となる、およそ3兆円。
.7倍
サラリーマンも勿論大変だし、雇用主負担はその倍額なので我々事業主もかなりキツイ

長引いた分負担が増えるのなら中途半端な対策は止めて台湾や中国、NZを目指してくれ

マジで頼むよ
なんとまあ
 
PR
PR