TOP > ネタ・話題 > 鳥取砂丘で約50年前のファンタグレープが出土 発見当時の状況を聞いた – ニュースサイトしらべぇ

鳥取砂丘で約50年前のファンタグレープが出土 発見当時の状況を聞いた – ニュースサイトしらべぇ

12コメント 2021-02-18 15:32  しらべぇ

(写真提供:鳥取砂丘ビジターセンター) 鳥取砂丘は、鳥取県の東部の日本海に広がっている海岸砂丘。その一部は山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定され、国の天然記念物になっている。その地で16日、約50年...

ツイッターのコメント(12)

化石ファンタ(・ ~ ・`)

| しらべぇ
「復刻版が出たら嬉しい」なんて言葉に踊らされるなよ?w
一体何人がそれを言ってるのか調査してからの方が良いぞ?w
「苦情」も一緒、数人の苦情に対処するな、会社が潰れかねない。
|

1970年代が50年前という事実に、驚きました
そぃやぁウチにFFのポーション(飾り蓋つき)が・・・ああ、左前方の棚の上にまだ飾ってあるなぁ・・・なつかしやなつかしや・・・
これは缶は土に還らないという、啓蒙的要素の方が強いね
是非、鳥取砂丘限定復刻デザインファンタ販売して欲しい🤗

でも砂丘内は飲食禁止だったかな...
確か😅
50年前に空き缶を捨てたバカチンがいたという事だな。
各地歩いてるといろんなゴミが投げ捨ててあるね。
テレビなど大きいゴミを山や森に捨ててる奴もいたし、車の窓からゴミを投げ捨てる奴もよく見る。
…鳥取砂丘ビジターセンタ-・副館長によると、ほぼ毎日職員が砂丘の様子を観察・撮影し、SNSに投稿しているという。16日には、歩いていた職員がたまたまファンタグレープの缶を発見。見たことがないデ…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR