吉野家社長が辿り着いた“究極の牛丼の食べ方”に反響 「社長セット出して」の声も – ニュースサイトしらべぇ

14コメント 2020-03-29 09:30 しらべぇ

さまざまなジャンル・業界での「利口になれる知識」を調査する『ひとつ利口になりました!』(TBS系)が28日放送。牛丼チェーン店・吉野家の社長が実践する「究極の牛丼の食べ方」が紹介され、話題を集めている...

ツイッターのコメント(14)

お腹すいた

吉野家社長が辿り着いた“究極の牛丼の食べ方”❗️

時々、無性に食べたくなりますが、吉野家では、この食べ方がいい。自分のやり方で食べる。

卵はセパレーターで分けて、白身は味噌汁へ。とろみが増す。

お新香が牛肉の油分をさっぱりとした食感にしてくれる。
これは確かに良く考えられてる。
こーして外出したくないオレは牛丼を買いに行くことを決めたのだった!
すき家>>>>>>松屋>>>>>>>吉野家(大爆笑) 異論は一切認めない
-------------
【テレビ】
@sirabee_news

味噌汁と生卵、お新香をトッピング
サイドメニューを注文させる気マンマンの食べ方推奨
さすが社長さんだな
白身を味噌汁に入れて余熱でかき卵風ってのがウソくさい。そのくらいの熱では固まらないと思う。
| しらべぇ
なにが究極の牛丼だよ
だったらそれをメニュー化しろや
無料の紅ショウガじゃなくて有料のお新香を買えという事だな。
原価のかかるツユなしで利幅の大きいトッピングを複数追加し廃棄も少ない利益率の高い食べ方だな(普通に美味いと思う) >
卵の黄身を七味と肉に混ぜ、白身はみそ汁に、最後にお新香を牛丼に乗せるそうです。
サイドメニュー頼むと高くつくから、テイクアウトしておうちで再現してみようかな。
こんなめんどくさいことしなくても紅しょうがを山盛りにすればいいだけなんだよ
この発想はなかった!
以上
 
PR
PR