TOP > ネタ・話題 > 猫の医療を変える「人工血液」 輸血用の「供血猫」が不要に | sippo(シッポ) |

猫の医療を変える「人工血液」 輸血用の「供血猫」が不要に | sippo(シッポ) |

21コメント 2019-04-20 11:09 | Sippoキャッシュ

慢性的な輸血用血液の不足に悩まされてきた動物医療現場に革新的変化が起きつつある。人工血液の開発だ。猫用は実用化まであと一歩の段階までこぎ着けている。 2018年3月、猫医療界に画期的な朗報が飛び込んできた。「長年の夢」だった猫用人工......

ツイッターのコメント(21)

猫用人工血液(赤血球代替物)の開発に、中央大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の共同研究チームが成功。「5年以内」の実用化を目指したいと
これ今年四月の記事だけど、
人工血液の開発によっていずれは猫の輸血用血液不足が解決する可能性もあるとのこと。
愛猫家には嬉しい話だね。
@okerchanyu @Ame10blog

技術の進歩で人工血液ができそう、という記事です。
ペットの輸血用血液の不足は深刻な問題です。体制が整っていないから、人間以上に入手しにくい。
生理食塩水で代用できるならこんな苦労はしない。
猫飼いとしては早くこちらを実用化して欲しいな。
動物の輸血事情について関心を持つ機会を頂きました。
実用化が期待できるなんて凄い!
がんばってくれてる人たちがいる!
おおー実用化が待たれるね!
一匹でも多くの猫ちゃんが助かるといいなー
猫の人工血液!
メイちゃんが貧血なるかも?って聞いて、このNEWSにたどり着いた!
早く実用化できるようになるといいなぁ。
「構造が明らかになった猫血清アルブミンを用いてつくった猫用ヘモアクトは、猫の人工酸素運搬体(赤血球代替物)として機能し、粉末で長期間保存でき、血液型がないため拒絶反応も起きない」
うちの猫も最期は輸血が充分できなかった。そういう猫ちゃんは多い。
これは腎臓病特効薬に続いて、超々々々画期的!
「猫用は実用化まであと一歩の段階までこぎ着けている。」 /Sippo       これまで供血猫さんには負担かけてゴメンねという気持ちでいっぱいでした。早く実用化してほしいです🐱🐱🐱
自分の娘が偶々猫やったからやけど、こういう研究はめちゃくちゃ応援したいね📣
猫用人口血液!!
5年以内に実用!!

ポンちゃん、あと5年は
生きなくちゃ‼️
一日も早い実用化を、切に願います。
こうやって、一つの技術に別の技術が組み合わさって、不可能を可能にするのすごい(こなみかん)
早くって思ってたけど、予想より進展はやかった。すごい
猫は本当に優遇されてるんだなぁ
猫用人工血液の開発に、中央大学とJAXAの共同研究チームが成功!5年以内での実用化を目指しています。革新的変化が猫医療の現場に起きようとしています。
以前「供血猫」の存在についてツイートしたのですが、猫同士の輸血が不要になる画期的な技術です。猫だけでなく他の動物や人間にも大きく影響するでしょう。

の医療を変える「人工血液」
理工学部教授 小松晃之 の記事です。
以上
 

いま話題のニュース

PR