TOP > 政治・経済 > 月の総通話時間は4億分を突破、急成長中の通話アプリ「パラレル」運営元が12億円の資金調達 | DIAMOND SIGNAL

月の総通話時間は4億分を突破、急成長中の通話アプリ「パラレル」運営元が12億円の資金調達 | DIAMOND SIGNAL

17コメント 2021-06-11 10:02  DIAMOND SIGNAL

パラレルは6月11日、ジャフコグループ、KDDI Open Innovation Fund、ANRI、W ventures、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資により総額12億円の資金調達...

ツイッターのコメント(17)

先日のアプリリニューアルをお手伝いさせてもらった音声通話のパラレルが、12億円の資金調達。
おめでとうございます🎉

強い意志を持ったナイスチームで、良い刺激をたくさんもらいました。

しかし1日の平均通話が3時間ってとんでもないアプリだな…
自動でネタが出てくる(ゲーム自体もアップデートされるし)という環境になれば、コミュニケーションとか発信はかなりコスト下がるというのは意外と大事と思ってる。

>結局は『話のネタ』、つまりコンテンツに困ってしまう
>定期的にしゃべれるきっかけを生むコンテンツ
> Contents Firstはコンテンツパワーがないと成立させるのが難しい一方で、People Firstはコンテンツパワーがなくても友達と一緒にいることに重きが置かれるため、楽しみ方は変わってくるのかなと思っています

パラレルすごい!1年半で登録者数100万人、1日平均3時間利用。
ファミコンとかゲームボーイを囲ってみんなでワイワイ遊んだんだよね。今はみんなそういう原体験があるから、クラブハウス()みたいなのよりDiscordとかこういうアプリが人気でるんだと思うんだ。
こういうのって例えばLINEアカウントで同じことをできるものをリリースされた時にどう対応するのか知りたいな。
急成長しているC向けアプリならではのエンゲージメントとグロースの力強さが「パラレル」の魅力。

モバイルファーストでコアゲーマーの支持を得て、次にZ世代全般、さらにマス層とグローバルへ。C向けソーシャルアプリの王道を突き進んでいる
誰に、どんな強みを持ったプロダクトを提供するか、って大事だな。理想的な戦い方です。

>スタートアップの戦い方として、まずは狭く、深く突き刺すことが重要です。自分たちはオンラインゲーム好きの人に音質、通信環境を訴求することで狭く、深く突き刺しました
パラレル爆伸びすごい、、!
最近社員同士でも通話しながらゲームすること増えてきたので、ニーズめっちゃあるなあと感じている

| DIAMOND SIGNAL
12億円の調達完了しました!
日本のSNSサービスで10億円以上の調達はここ10年でも出てきてないはずです。
メイドインジャパンとして本気で世界狙ってます!

トピックスとしては、以下
①国内めちゃくちゃ伸びてるよ
②海外も実は伸びてて、グローバルに本格進出してるなう
「SharePlayは面白いコンテンツを見つけてから友達と繋がる“Contents First”の世界観を推している一方、パラレルがプロダクトづくりで意識している“People First(友達と繋がってからコンテンツを見つけること)”の世界観とは真逆であると考えています。」
月の総通話時間は4億分を突破、急成長中の通話アプリ「パラレル」運営元が12億円の資金調達|DIAMOND SIGNAL

パラレルはtoCサービスのプロダクト作りの超王道的な感じで、プロダクト品質も激高くて本当に凄い!
めっちゃ応援!!!!
突き抜けろー!!!!
シリーズB調達で本腰入れて世界展開目指します、一緒に手伝ってくれるエンジニア超募集中です
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR