目指すはAIアプリ版の“App Store”、時価総額1500億円「AI inside」急成長の理由 | DIAMOND SIGNAL

19コメント 2021-03-09 08:02 DIAMOND SIGNAL

「世の中の至る所にAIを入れていきたいんです。AIは人間の役に立つものだと考えていますから、そのAIがさまざまな領域で、たくさんの人の役に立つことで世界もより良くなるだろうと思っています」。そう話すの...

ツイッターのコメント(19)

今話題の inside

2021/3/9にこんな記事出てたら買っててもしょうがない。

個別株はしっかり分析していても見えないものもある、そんな私はインデックス。
AIinsideの渡久地社長の記事。創業期からの大きな展望を抱きつつ、なぜ実態の利用状況を蔑ろにされたのか関心があります。

同氏は件のIR直前である4/21にメッセージを更新してますし、頑張って欲しいですね。
2015年設立、2019年年末に上場。公開価格ベースで127億円、初値ベースで446億円の時価総額が3年で3倍はすごい。
やっぱりAIinsideは良い会社だと再認識する記事。

「なんならLTV(顧客生涯価値)も下げたいんです。本来はその方が顧客のためになりますし、その分多くの人に使ってもらえればいい」
寝る前に読む
・SaaSの王道アップセルとは反対に機能を追加しながら値下げをしている。
・LTVを下げたほうが顧客のためになるし、その分多くの人に使ってもらえればいい。

すごい…

SaaSはあくまで通過点、その先のAIのマーケットプレイスを目指しているからこその発言ですね。
Inside内で使えるアプリでは相互に学習データが共有できるのかな?

また、
・OCR
・不良品検出
・物流荷姿から3寸判断
、、、
など、領域特化していくのだろうか。

など領域特化しないと成長
▼ inside
SaaS企業を目指すのではなく、AIのマーケットプレイスを手掛けるプラットフォーマーになりたい
「2020年1⽉から同12⽉までのチャーンレート(解約率)は⽉平均で0.28%。着実に顧客が積み上がってきている状況だ。」
「起業するにあたり、「世の中がどのように動くかを分かっていた方がビジネスで勝ちやすい」と考え、歴史を勉強した上で、過去100年分の年表を細かく書き出し、“今後200年分の年表”を作った」
AIの分野もノーコード、ローコード的な世界にしたら凄いですね。

| DIAMOND SIGNAL
inside」急成長の理由|DIAMOND SIGNAL
AI insideは単なるユーザーファーストだけではなく、ユーザー&パートナーファーストで使いやすく売りやすい環境まで整えてるのがすばらしい.
ここまでのロングインタビューをいただいたのは初めて。こうして記事にしていただけることがとても嬉しいし、この記事を通じて我々の思いに共感する仲間に、1人でも多く会えたらいいな。
年表から、地に足のついた研究開発と事業化まで、日の目を浴びずとも黙々とやってきた様がよくわかった。「狂気」という言葉は、「身の丈に合わないことを言っている」とかではなく、本来こういう行動を指して使われるべき。素晴らしい。
備忘録ですがこの社長とんでもない方ですね。普通に買いたいので下押しお待ちしてます。
とんでもなく貴重なインタビューだった…!
以上
 

 
PR