TOP > スポーツ > 危険!奈良の軸足タックルは「オレンジカード」。「骨が折れかねない」と原氏はプレー自体を批判 | サカノワ

危険!奈良の軸足タックルは「オレンジカード」。「骨が折れかねない」と原氏はプレー自体を批判 | サカノワ

10コメント 登録日時:2019-02-26 15:23 | サカノワキャッシュ

川崎対FC東京戦、二つのプレーを検証。「ボールに行ったかのみならず、相手競技者のことを考えなければいけない」 [J1 1節] 川崎 0-0 FC東京/2019年2月23日/等々力陸上競技場   川崎フ......

Twitterのコメント(10)

「ボールに行ったかのみならず、相手競技者のことを考えなければいけない」

全くだ。D・オリヴェイラとナサンホは危険を回避して正解。奈良の(谷口もそうなんだけど)相手あってのサッカーってのがわかってない。配慮がない。

「骨が折れかねない」と原氏はプレー自体を批判
レンタルだったとはいえ元FC東京戦士だから、なおさら残念だよねぇ
退場する程のレベルじゃないでしょ…。
ウイイレならレッドカードだろうな。
危険度としてはイエローカードが出た最初の奈良竜樹のファウルがレッドでもおかしくない危険なファウルだったと。 >
こうやってオフィシャルに原さんや審判のレジェンド上川さんがレフェリングを議論してるのは素晴らしい取り組み
ディエゴもナ・サンホも無事で良かったけ(。>д<)
だから(最近の)川崎嫌いなんだよ
確かに危なかったし、その後に2枚目イエロー貰ってもおかしくないプレーあったな
立場上かなり言葉を選んで奈良選手を必要以上に責め立てないように腐心した
って苦労が見える……(^_^;)
以上

記事本文: 危険!奈良の軸足タックルは「オレンジカード」。「骨が折れかねない」と原氏はプレー自体を批判 | サカノワ

関連記事