TOP > スポーツ > 清水対神戸のAT20分、原因は「主審の勘違い」 | サカノワ

清水対神戸のAT20分、原因は「主審の勘違い」 | サカノワ

23コメント 登録日時:2018-11-28 15:21 | サカノワキャッシュ

「選手の治療した時間をさらに加算してしまった」。上川徹氏が動画のJリーグ公式チャンネルで説明。 [J1 33節] 清水 - 神戸/2018年11月24日/IAIスタジアム日本平  Jリーグが2018シ......

Twitterのコメント(23)

「勘違い」で済ますな。日本サッカー協会は、審判員の育成も選抜も運営も、大失敗しているって証拠やろ。
こういうの見ると本当に勘違いなの?って思うな。最終節間際だし八百長的なのを疑ってしまう。
あれ勘違いやったんやのwwwwwwww、でも審判せめたらやる人えんくなるんかな。
「副審が旗を振るなり、あるいはピッチの中に入って行って『もう終わりだ』と伝えるなど、いくつかのタイミングはあったので、そういった協力はほしかったと思います。」とあるが、その行動を取れるような環境作りを上層部はしてたのかな?
酷い話だなこいつらに、プロ意識はないのか
時間のマネジメントについて一番の問題はレフェリーにあるが、それはレフェリーチームとして(の問題でもある)。第4の審判員は間違って運営されていると気付いてレフェリーに伝えていたが、それでも気付いていなかったという
こんなん、審判の資格剥奪してまえよ!!
ATにATを加える…が連続で起こっていたのか…って、このルールを知らないで今までやってたのが凄いわ!ライセンスとは一体…笑
「ラインズマン」から「アシスタントレフェリー」に呼び方が変わっても意識は変わってないように見える。
つまるところ、、、
お前はアホか⁈
って話ですね。

➡️
えっ⁉︎こんな人が笛吹いてるの⁉︎
@apyczz まぬーさん
私の指摘通りの解説ですね☺️✌️
勘違いじゃ済まないだろ😡
いやレフリー講習でも90分のプレーは時計止めないけどアディショナルタイムのプレー中断中は時計を止めた上で対処って習うじゃん
Jで笛吹慣れてない云々の話じゃないでしょ
勘違いの域超えとるやろ。
「「選手の治療した時間をさらに加算してしまった」。上川徹氏が動画のJリーグ公式チャンネルで説明」
勘違いって、、、
そのうえで、上川氏は最終的に20分近く時間が加算されたことについて、レフェリーの「勘違い」が原因であったと指摘した。
Jリーグの副理事長とレフェリーのシニアマネージャーがレフェリーがおかしいと認めてるよ。これでレフェリーおとがめなしはないでしょ??
この脳足りんのせいで負傷人が出た。
長いAT云々よりも、取るべきファールを取らなかった事について聞きたい。
試合が終わっていたらこんなことになっていなかった、これはおかしい。現に終わってない中で議論しないかんわ。試合は続いているなかで審判、選手の大人がそれぞれ過ちを犯した。これ現実について議論して処分をしないと、やられた側は報われないわ。おかしい。
お前らが主張していた六反が投げ飛ばされに行ったのかっていう検証は別だから早くしろよ。やるんだろ?
そんなまさか… / “ | サカノワ”
以上

記事本文: 清水対神戸のAT20分、原因は「主審の勘違い」 | サカノワ

関連記事