TOP > 社会 > 沖縄県が新たに国を提訴 辺野古で再び法廷闘争へ 承認撤回を取り消した国決定に不服 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

沖縄県が新たに国を提訴 辺野古で再び法廷闘争へ 承認撤回を取り消した国決定に不服 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

21コメント 登録日時:2019-07-17 17:18 | 琉球新報キャッシュ

  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う埋め立て承認の撤回処分を巡り、総務省の第三者機関・国地方係争処理委員会(係争委)が沖縄県の審査申し出を却下したことを受け、沖縄県は17日、福岡高裁那覇支......

ツイッターのコメント(21)

名護市辺野古沖の埋め立て承認の撤回処分を巡り、沖縄県は福岡高裁那覇支部に提訴した。国交相が沖縄県の承認撤回を取り消した決定に不服があるとして国を相手取って裁判を闘う。
裁判費用はオール沖縄と愉快な仲間たちが自腹で払えよカス
無駄なお金を…
県民の貧困対策は?
県民の血税が不毛な裁判に使われる!
一度「敗訴確定」してるでしょう!
ほぼ同じ内容ですよ!
を支持する人たち
を支援する人たち
「防衛省沖縄防衛局」は、『行政不服審査法 第一条』が定める“不服申立てをすることができる「国民」”でない。政府が政府を審査できては三権分立が死ぬ。司法は事に仕えろ。
全く素晴らしい!
長崎は諫早湾門やいしきダムの件で苦々しい思いのままだ。
日本全土のために頑張って欲しい。
何度も言っているが、 は一旦中止にすべきだ。県民の是非を問う選挙を何度もやって全てNOなんだから、それを無視することは民主主義に反する行為。

→ 承認撤回を取り消した国決定に不服(琉球新報)
「国土交通相が県の承認撤回を取り消した決定に不服があるとして国を相手取って裁判を闘う。辺野古新基地建設を巡って対立する県と国は新たな法廷闘争に突入する」〉 承認撤回を取り消した国決定に不服(琉球新報)
防衛省幹部が天下りし、国会議員に企業献金を行う土建業者が工事?
これが裁判で取り消せないなら、司法は要らない!
またか?www
知事が変わるたびに、これほどまでの変化があると、国家の運営も出来なくなる。
法律で何とかしないと、知事や地方自治体の権限ばかりが大きくなり、国として纏まれない!
下手な鉄砲数撃てば当たるってヤツだな。
辺野古を守って
時間とお金の無駄遣いですね。
普天間基地が無くなると困る人達がいるのかな?利権がらみかかな。。。
まだ続けますか、終わりなき闘争を。これで一体いくら遣い、県民のお金を遣い続けるのか?
今までの額だって、子供たちの為に遣えたはずです。
沖縄だけが苦痛を受けていると言うが東京にも基地はあり先の戦争では焼け野原になり多くの犠牲をだした。
原子力発電所がある町、空港がある町、新幹線がただ通過するだけの町、それぞれに苦痛はある。
「沖縄だけが」とか言われると頭にくる。
行政事件訴訟としては,極めて関心の高い訴訟
尖閣の対応もせず、辺野古新訴訟か、沖縄県は!
そもそも、あのきれいな海を無理やり埋め立てるなんて、心無い政府をどうにかして変えたい!司法よ、政権に忖度するな!
「撤回取り消しの取り消しを求める訴訟」行政法勉強してなかったら意味不明だね😂😂😂
以上

記事本文: 沖縄県が新たに国を提訴 辺野古で再び法廷闘争へ 承認撤回を取り消した国決定に不服 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

関連記事