TOP > 社会 > 「住民も監視対象なのか」沖縄・宮古、与那国への自衛隊配備で情報保全隊の配置に住民から不安の声 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

「住民も監視対象なのか」沖縄・宮古、与那国への自衛隊配備で情報保全隊の配置に住民から不安の声 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

11コメント 2019-07-07 12:44  琉球新報

 【宮古島・与那国】宮古島市や与那国町への陸上自衛隊配備で、自衛隊内外の情報を収集する情報保全隊が配置されていたことを受け、地元住民からは「きちんとした説明を受けていない」「(駐屯地の)規模拡大を.....

ツイッターのコメント(11)

地元の声を無視するいつものスタンス。
>地元住民「きちんとした説明を受けていない」
「住民も監視対象なのか」沖縄・宮古、与那国への自衛隊配備で情報保全隊の配置に住民から不安の声( )…自衛隊にとってリスクになることをきちんと把握しておくことは、自衛隊の基本的な任務の一つだと思う訳だが。当然、「住民も監視対象」であろう。
警察がいようと公安がいようと自衛隊がいようと普通の人からしたら騒ぐような話ではない
そりゃ反対運動家は監視対象に決まってるだろうに(笑)今さら困るのか?→
地元住民からは「きちんとした説明を受けていない」「(駐屯地の)規模拡大を見据えているのではないか」などと不安や懸念の声が上がった。
今に「国民も監視対象なのか」という世の中になってしまう。選挙に行こう!
普通に、安寧に生活をしている人は気にする出来事ですらない。
アベ政権がこのまま続けば日本の全国民が監視対象に!

もうすでに?

沖縄、与那国だけの問題ではない!

国民みんなが自分のことと思って考えないと!
その反対派の疑念に対し、事実を追求できるのがメディアの力じゃないのかな。それをしないのであれば、この報道は無意味。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR