TOP > 社会 > 米軍、水・空域も禁止対象 ドローン規制法、衆院通過へ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

米軍、水・空域も禁止対象 ドローン規制法、衆院通過へ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

12コメント 2019-04-13 06:17  琉球新報

 【東京】小型無人機ドローンの飛行禁止区域に自衛隊や在日米軍施設上空を追加したドローン規制法の改正案が12日、衆院内閣委員会を通過した。衆院本会議でも可決される見通し。同日の質疑では自衛隊が訓練で使....

ツイッターのコメント(12)

本土の普段の生活では格段関係ないことのように思われているだろう。だが、沖縄の視点も見て欲しい。
日本の空も海も陸もオレ様(米軍)のもの!
安部が「いいですよ。ご自由にお使いください」
と言ったんだ。
沖縄は、とことんババ引くね。恒久立法であるから、ドローン産業そのものも影響を受けるだろう。

ドローンの飛行禁止区域に日米両軍施設上空を追加(米軍に関しては空域海域も)したドローン規制法の改正案が12日、衆院内閣委員会を通過。週明けに衆院本会議でも可決される見通し。
今でも原発・国会・そしてもちろん皇居上空も禁止。2020には東京五輪会場上空もね
報道機関が「活動家」となりつつ今、ドローン飛行禁止は必然
「報道の自由」の「ほ」に「゛」を付ければ「暴動の自由」となる
「報道」に名を借りた「暴動の自由」はダメ!
在日米軍に限って「水域や空域も禁止の判断対象」で、禁止指定については「米側との協議を踏まえ必要性を鑑みて(防衛相が)判断する」というが米軍のいいなりになるのは目に見えている。
明らかに辺野古の埋め立てを見せないようにする為の政府の政策 秘密主義日本 間違いなく戦争への道に進んでいる
◆ろくろくドローンも使いこなせない名ばかりの先進国のくせに、規制とは片腹痛い。偽装先進国ニッポン◆
主権はどこに?
"同日の質疑では自衛隊が訓練で使う制限水域は禁止区域の対象外となる一方、在日米軍への提供区域については水域や空域も禁止の判断対象であることが明らかとなった。"
なになに、共産党は軍事施設へのドローンテロを視野に入れているのかな⁉️👹
在日米軍への提供区域について水域や空域も禁止対象。災害時に自治体が被害を確認する際も対象となる防衛関係施設は許可が必要。米軍基地が集中する沖縄でドローンの活用が大幅に制限されかねない実態が明らかになった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR