「辺野古埋め立て中止を」 岩手県議会が意見書可決 沖縄以外で初 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

97コメント 2019-03-27 10:14 琉球新報

 岩手県議会は25日の最終本会議で「沖縄県民投票の結果を踏まえ、辺野古埋立て工事を中止し、沖縄県と誠意を持って協議を行うことを求める」意見書を社民党や共産党などの岩手県政与党会派による賛成多数で可決....

ツイッターのコメント(97)

これとかも2年以上も経ってるが?ガン無視決め込んでるな?
- 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト
@yasudasohei 瀬戸内町議会には住民からの請願陳情書はすでに提出済みです。嘉徳浜の事は奄美市に直接関係がないですか?私は関係大アリだと思っています。奄美全体で世界自然遺産を目指すんですよね?後、辺野古埋め立て中止の意見書を岩手県議会が可決しています。
自然を壊すな
辺野古埋め立て反対
頑張れ、岩手県‼️
島根も。そして全国へ。
達増知事のとこだね!良識!
- 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
岩手県議会、素晴らしい。

- 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
このような流れは全てに波及してほしいと思う
おかしいことは、おかしい
遠くのことの出来事とじゃないんだよね
根っこにあるものは身近な問題にも直結してるんだし・・・
「県民投票において、埋立て反対の明確な民意が示された以上、憲法が保障する地方自治と民主主義、国民主権、基本的人権を踏まえた真摯(しんし)な対応が求められる」

まさにこの通り。
新基地建設を巡っては、岩手県の達増拓也知事が2月28日の記者会見で、米朝首脳再会談に絡み、東アジアでの緊張緩和が進んでいるとして、普天間飛行場を辺野古に移設する必要はないとの考えを示した。
 
PR
PR