TOP > 社会 > 「県民投票に憲法拘束力」 小林節氏 憲法学者・慶応大名誉教授 政府は「県外」追求義務 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

「県民投票に憲法拘束力」 小林節氏 憲法学者・慶応大名誉教授 政府は「県外」追求義務 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

120コメント 2019-02-28 06:10 | 琉球新報キャッシュ

 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問うた24日の県民投票で、投票総数の約7割が埋め立てに「反対」票を投じた結果について憲法学者の小林節慶応大名誉教授は27日、本紙の取材に応じた。小林氏は「県民投......

ツイッターのコメント(120)

「つまり?」
「学級会民主主義の原則に従って『厚木基地のオールナイト化』『日吉の慶応大を射爆撃場化』とか国民投票すれば通るんじゃね」
沖縄の投票は法的拘束力が無いから意味が無いというのは論理破綻の極み。は投票結果を遵守すべき。憲法を守れ。埋立工事はそもそも違法行為。法的拘束力というのであれば、工事は即刻中止すべき。
憲法記念日。最近理解したのは、第95条〔一の地方公共団体のみに適用される特別法〕です。沖縄の辺野古新基地建設について、憲法学者の小林節氏は、「中央が地方をいじめてはならない」という憲法の趣旨から、過半数の同意を得られなかった埋め立てを違憲としています 。
解釈改憲は憲法違反と主張していた憲法学者による解釈改憲。
「小林氏は憲法95条を根拠に挙げた。同条文では「ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない」と定めている。」
@ryukyurockstyle 小林節先生の「県民投票には憲法上の拘束力がある」を熱烈支持です。
もっと大きく扱って欲しいですね!
全国紙に掲載して欲しい!
条文「ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない」
賛成。憲法の趣旨から理論的に考えて、県民投票には法的拘束力があると思います。
憲法学者の小林節慶応大名誉教授「県民投票には憲法上の拘束力がある」

法的拘束力が無いって条例に書いてあるのは無視かwww
憲法学者ってこんなのばかりかw
この小林氏、『国民怒りの声』なんて政治団体作って選挙に出、落選するとすぐ政治活動引退を表明したり、共産党にも幸福実現党にもシンパシー表明したり、どこか行動に場当り的な“歪み”を感じる。頭が良くて過集中や突発的激怒が特長というと……。
憲法学者
先の衆院選小選挙区で自民党の小選挙区での得票率は47%余りで全有権者に占める割合は約25%にとどまった。それにもかかわらず約74%の議席を獲得した。安倍政権が県民投票の獲得票の割合が低いと言うのであれば自己矛盾になる
憲法違反



県民投票に憲法拘束力
" 「ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない」 "
(再掲)安倍政権は憲法を無視するな!
「憲法95条で対象にしているのは「国の法律」だが、小林氏は「辺野古への米軍基地移設は形式上は『法律』ではないが、中央から地方へのいじめをしてはならないという憲法の趣旨からすれば」いじめってとこ、ちょっと無理があるかも。解釈だし、国はいじめと認めないだろうし
>政府が過重な負担を沖縄に押し付けてはならないという規範が95条の法意だ
憲法。大事。
むやみに政府が変えたいからって変えちゃいかんな。やっぱり。
政府をしばるものでっせ。
小林節さんは元は9条改正論者で右と見られていた人。
その人のこの発言は重い
憲法学者の小林節慶応大名誉教授「県民投票には憲法上の拘束力がある。政府には憲法の趣旨に従って『少なくとも県外への移設』を追求すべき義務がある」「 … 憲法の趣旨からすれば、政府が過重な負担を沖縄に押し付けてはならないという規範が95条の法意だ」
辺野古の工事強行がいかに憲法尊守の姿勢に逆行しているか。まぁ安倍政権は憲法軽視がデフォルトだからハナも引っかけないだろう。>_< ▶︎
「ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない」
なるほど。
こういうのを憲法解釈の変更とか言うんじゃないのか。自民党政権だからRとか沖縄だからとか虐められているからとかで憲法の解釈が来R頃代わっていいのか。
辺野古へ基地移設反対の沖縄県民投票結果は、政府に対し憲法95条拘束力を持つ。これをも否定するなら正に憲法違反か、そもそも沖縄の民意も憲法も民主主義根底を否定無視する事!
> -
まさか、憲法学者がここまで無理くりなことは言わないだろ。
切り取りのフェイクニュースじゃね。
もし本当なら、この学者はアホだ。
憲法を無視し続ける安倍政権にこの言葉は通じない、倒そう安倍政権!
"棄権した人は、投票に行った人の結果に従うというのが法的評価~" 
もうどうしようもないくらい劣化してますね、この学者さん。
「ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない」小林氏は県民投票で辺野古への移設は県民の過半数の同意が得られていないことが明確と指摘。県民投票に憲法拘束力」  憲法学者 政府は「県外」追求義務
「県民投票には憲法上の拘束力がある。政府には憲法の趣旨に従って『少なくとも県外への移設』を追求すべき義務がある」
小林氏は憲法95条を根拠に挙げた。小林氏は県民投票で辺野古への移設は県民の過半数の同意が得られていないことが明確になったと指摘した。
小林節が沖縄の「県営アンケート投票」には「憲法上の拘束力」があると。その理由は? と見ると、憲法学者の頭のデタラメさが改めてわかる(ゼンゼン新しい話ではないが)。
引用【小林氏は憲法95条を根拠に挙げた。同条文では「ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない」と定めている。】
なるほど! 筋は通っている。。。🤩
皆に読んでほしい。
憲法学者の小林節慶応大名誉教授
珍妙な解釈だと思うが→「辺野古への米軍基地移設は形式上は『法律』ではないが、中央から地方へのいじめをしてはならないという憲法の趣旨からすれば、政府が過重な負担を沖縄に押し付けてはならないという規範が95条の法意だ」
少なくとも「棄権した人は、投票に行った人の結果に従うというのが法的評価」というのは、その通りだな。
「憲法95条では『ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない』と定めている。県民投票で辺野古への移設は県民の過半数の同意が得られていないことが明確になった」
憲法95条は司法試験&予備試験の短答で出るので、条文を確認しておきましょう
何度となくくりかえされてきた「国防は国の専権事項」の論理がここできいてくるのかな…
色々と突っ込みどころ満載…(笑)
辺野古新基地建設を進める晋三政権に決定的な法的直撃打を放つ❗️
いったいどちらが憲法の拡大解釈を繰り返してるかというと、それはパヨなんだよな。

 政府は「県外」追…
そこまで言うなら「全国民投票」やってからにしてよ?【Link】
百田尚樹の屁理屈と。
学者の意見を比べてみても。

うーん。百田尚樹はクズ。
@iwakamiyasumi「安倍政権が県民投票の獲得票の割合が低いと言うのであれば自己矛盾になる」と小林節氏(琉球新報)
さすが。理詰めにスキがない。
県民投票に法的拘束力なんて有りませんが?あと、『“辺野古”県民投票』と呼んでいる時点で物事の本質をまるで分かっていませんね。|
もっと見る (残り約70件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR