TOP > 社会 > 抗議者氏名を防衛局に報告 辺野古海上警備・マリンセキュリティー 個人情報を共有 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

抗議者氏名を防衛局に報告 辺野古海上警備・マリンセキュリティー 個人情報を共有 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

12コメント 2019-02-04 06:59  琉球新報

 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古移設で、過去に沖縄防衛局から海上警備業務を受託していた業者・マリンセキュリティーの従業員が、抗議行動参加者の氏名を含む個人情報を船同士、無線で交換し、日勤終了.....

ツイッターのコメント(12)

抗議行動参加者の氏名を含む個人情報を船同士、無線で交換し、日勤終了後に防衛局にまとめて口頭で報告していたことが1日までに分かった。
民間の警備会社が抗議行動参加者の氏名を含む個人情報を入手したり、顔写真と突き合せたり、が容易にできるとは思えないんだよね…防衛局や警察が情報を渡したんじゃないの?

 個人情報を共有(琉球新報)
マリン社は、ライジングサンセキュリティー(東京都)の100%子会社。人件費の過大積算やパワーハラスメントの問題が取りざたされた。海上へ廃油を投棄した疑いで書類送検され、従業員に長時間労働を強いたとして沖縄労働基準監督署から指導された。
やば
てかマリン社ってゴミ会社やん
別の元従業員も「反対派の動きを把握するためにリストは必要だった」と説明した。

仮に100歩譲って把握する為に必要だとしてもその人の家族構成や卒業した最終学歴まで何故書く必要がある?
「顔写真つきリスト」作成の警備会社マリンセキュリティーの従業員が、辺野古抗議行動参加者の氏名含む個人情報を船同士無線で交換。日勤終了後に防衛局に口頭で報告していた。
このマリン社ってののは、いろいろあるみたいだけど、沖縄の会社ではないのね。
東京都の会社だ。
過去に沖縄防衛局から海上警備業務を受託していた業者・マリンセキュリティーの従業員が抗議行動参加者の氏名を含む個人情報を船同士、無線で交換し日勤終了後に防衛局にまとめて口頭で報告していたことが分かった
官民がぐるになり、個人情報を不当に収集したのです。
日本政府は国民を監視し政府に都合の悪い人間を排除する気です。
日本は独裁政権への道をまっすぐ進んでいます。
止めましょう。
「マリンセキュリティーの従業員が、抗議行動参加者の氏名を含む個人情報を船同士、無線で交換し、日勤終了後に防衛局にまとめて口頭で報告」って、そりゃ防衛局の手元にも同じリストがあるのが必然であり当然。
で、それを政府は閣議決定で隠蔽か・・・
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR