コロナ陽性のまま沖縄入りしたのは米兵 隔離されず民間機で移動 規則違反に米軍「厳しく対応」 - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

10コメント 2021-11-17 06:10|琉球新報

ツイッターのコメント(10)

去年の11月にきちんと国は対応してたらこんな爆発的な感染にはならなかったのよね
(´・ω・`)
空港検疫 松野氏は、「(海兵隊員は)移動制限などの米軍内のルールに反し、国内便を乗り継いで10月31日に沖縄へ移動し、米軍施設内で隔離措置を受けた」と在日米軍から説明
空港に入国した際、本来は14日間の隔離期間があるのに、なぜ沖縄に移動できたのか…「引き続き調査中と
中国より攻めてくる人。
成田空港という
国境の検疫をすり抜けたという
大事件なのに
報道も小さい沖縄。
米軍のやりたい放題に
麻痺してる。

- 琉球新報デジタル|
成田空港で 陽性と判明した米軍関係者が、移動制限のルールに反して国内便で沖縄に移動していたことが明らかに。
根底には、米軍の特権を定めた があります。
在日米軍関係者は 9条により、検疫などが免除され、自由に出入りできるのです。
属国・植民地という認識だろう。

10月30日に成田空港に到着し、検疫所のPCR検査で陽性と判明。隔離されず翌31日に沖縄へ移動し、米軍基地内の検査で陽性となった。
占領時代と何も変わらない。アメリカ軍は日本の法律に従う必要ないとアメリカ政府も日本政府も理解している。
松野氏は(略)一方で、海兵隊員が成田空港に入国した際、本来は14日間の隔離期間があるのに、なぜ沖縄に移動できたのかなど経緯については「引き続き調査中と聞いている」と述べるにとどまった↓
新型コロナ陽性は米兵 民間機で沖縄入り 移動制限違反に米軍「厳しく対応」
以上
 
PR
PR