TOP > 社会 > 変わらぬ基地負担 きょう復帰49年  - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

変わらぬ基地負担 きょう復帰49年  - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

10コメント 2021-05-15 05:11  琉球新報

 沖縄は15日で日本復帰から49年を迎えた。国土面積0・6%に米軍専用施設の70%以上が集中する過重な基地負担は解消されないまま、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は.....

ツイッターのコメント(10)

沖縄は15日で日本復帰から49年を迎えた。国土面積0・6%に米軍専用施設の70%以上が集中する過重な基地負担は解消されないまま、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は県民の反対意見を無視する形で基地建設を強行している。
こんな大事なニュースもコロナに埋もれる。
5月15日の本日、沖縄は本土に復帰して49年目を迎えました。



来年は本土復帰から半世紀、大きな政治の転換期になると思います。

これまでの49年間、日本政府と沖縄県との基地問題に対する認識は、天と地ほどにかけ離れています。
沖縄は15日で日本復帰から49年を迎えた。国土面積0・6%に米軍専用施設の70%以上が集中する過重な基地負担は解消されないまま、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は県民の反対意見を無視する形で基地建設を強行している。
沖縄は15日で日本復帰から49年を迎えた。
母上が突然「今日返還の日か…」と言い出したのはコレだった。
お年玉はセントで貰って、1ドル片手に駄菓子屋に行ったのが小学生の頃の思い出だという。
きょう復帰49年:琉球新報
『沖縄は15日で日本復帰から49年を迎えた。国土面積0.6%に米軍専用施設の70%以上が集中する過重な基地負担は解消されないまま、辺野古の新基地建設を巡り、政府は県民の反対意見を無視する形で基地建設を強行している』
沖縄は15日で日本復帰から49年を迎えた。国土面積0・6%に米軍専用施設の70%以上が集中する過重な基地負担は解消されないまま、名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は県民の反対意見を無視する形で基地建設を強行している。
基地負担を解消すると沖縄経済は瓦解するよ~。代替えの経済政策は?国頼みなのか? どうせなら既得権益にしてもっと金よこせ!って言うな自分なら。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR