元祖沖縄出身アイドルグループが見た日本復帰 崖っぷちから空前のブーム<復帰半世紀 私と沖縄>フィンガー5 編(1) - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

12コメント 2021-05-15 06:05 琉球新報

 「リンリンリリーン、リンリンリリンリン」。12歳の晃が透き通るハイトーンボイスを響かせると、待ちかねたファンの歓声が会場を包む。 1974年2月、具志川市(現うるま市)の復帰記念会館で開かれたフィン...

ツイッターのコメント(12)

昨日告知させてもらった5/29明日の15時半からのクラブハウスでのフィンガー5の晃さんと長田達也さん(7/7のテノヒラ交流会のゲスト)の対談ですが下記の琉球新報の5月15日の朝刊の記事を読んだ事から企画が生まれ、実現したそうです。
琉球新報WEBSITE
肝心な最後が有料版になってしまってる………でも、面白かった。沖縄ってちょっと不思議だなと
一夫、妙子、正男、晃、光男……フロントのアキラくんだけ漢字一文字、ちょっと運命的な感じ。
2021年5月15日 琉球新報デジタル
フィンガー5の全盛期、妙子ちゃんが奄美大島に住んでいた事が当時の小学生の間で話題になった。私の同級生の名瀬幼稚園の卒園アルバムに彼女が載っていたから。記事にも奄美の件が出てくるね。

<復帰半世紀  - 琉球新報デジタル
フィンガー5沖縄出身だったの⁉️
フィンガー5って沖縄出身なの知らんかった
懐かしさを感じる❗
南沙織とフィンガー5。忘れてはならない戦後音楽史。→
おお。フィンガー5だ!

 崖っぷちから空前のブーム (琉球新報)
「リーンリンリンリーンリーン」と歌い始めた母を、それ「ヘーイヘイヘイヘーイヘーイ」だよ、と訂正する朝。
めっちゃ面白いのでぜひ読んでほしい。起き抜けに2まで一気読み。
そしてフィンガー5を聴く。
以上
 

 
PR