TOP > 社会 > 巨大ウミガメ立ち往生…「亀仙人」ら20人で救出 ビーチパーティー避け迷った? - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

巨大ウミガメ立ち往生…「亀仙人」ら20人で救出 ビーチパーティー避け迷った? - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

12コメント 2021-05-06 12:54  琉球新報

 沖縄県糸満市喜屋武の海岸で5日、産卵後、岩礁で身動きが取れなくなっているアカウミガメが発見された。地元の市民やカメを愛する「亀仙人」、警察官、水族館職員など約20人が駆けつけ、カメの救出劇が繰り.....

ツイッターのコメント(12)

ウミガメってとっても繊細なんです
亀仙人さんだー。ラジオリスナーならわかるはずー
亀仙人さん、記事になってる!
巨大ウミガメ立ち往生…20人で救出  - 琉球新報デジタル

真栄田さんは「ウミガメは明かりや人の気配を嫌う。いつもと違う場所で産卵したり、違うルートで海に戻ろうとした可能性がある」と分析した。救出されたカメは今後、美ら海水族館で保護
> 愛用の眼鏡を指でくいっと上げ、目を細めた。

小説みたい✨🐢✨
紹介したのはこの記事です。
「亀仙人」さんはラジオ沖縄のリスナーさんとのこと。
聞いてたかな?
亀仙人さん!すごい👏✨
ウミガメ救助で警察出動っていいな~
やさしい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR