TOP > 社会 > 「制服自由の日」那覇・鏡原中で実施 生徒が選ぶ「判断力問われた」「かわいい服、楽しい」 - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

「制服自由の日」那覇・鏡原中で実施 生徒が選ぶ「判断力問われた」「かわいい服、楽しい」 - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

57コメント 2020-11-22 05:01  琉球新報

 那覇市立鏡原中学校は21日、生徒が自由な服装で登校できる「制服自由の日」を実施した。生徒に出された条件は「授業に支障のない服装」「先生や保護者に相談しない」の二つ。自由とは何か、責任とは何か、生.....

ツイッターのコメント(57)

っていうか、米軍基地と学生服の共存が出来る方がおかしいだろ。
この様に生徒の自主性を問うもの、家庭に自由を与えるものは、賛成。規則を破り、権利を振りかざし実施するのはアウトロー。
「学校に特定の服を強制する権利はない!着たい服を着るのは人権!」

つまり の報道は、
「貧しい家庭に配慮する必要がねーんだよ」
ってサヨ屑が喚いているだけ。
どうせなら、沖縄は給食も止めて弁当にすべきだな。
好きな物食べるのも人権だものな(笑)
「生徒に出された条件は『授業に支障のない服装』『先生や保護者に相談しない』の二つ。」←これはいい。
せめて学校にいる間はいらん事考えないで勉強しい❗️
っと言いたいねwww
沖縄のすることはよく分からん。

- 琉球新報デジタル
これ、いいと思う!
“生徒に出された条件は「授業に支障のない服装」「先生や保護者に相談しない」の二つ”
自分で考えて、自分で決める!
自分で考えて、
自分で選択する。
素晴らしいと思う。
「いい学校とは、先生が生徒をコントロールしやすい学校のことではない」
校長先生のことばが力強い。
確かに、制服は毎朝何を着ていこうか考えなくて済むから楽だが「型にはめてそこへ閉じ込める」ことに繋がる。私服ならば、どういう服装が適切か判断して責任を持って着ることができると思う。
それより制服を止めようぜ。
子供の貧困率13.5%だよ。
制服を買うのがキツい御家庭もあるだろう。
>いい学校とは、先生が生徒をコントロールしやすい学校のことではない
はい、皆さんご一緒に!

「一部の生徒が華美に走り、余裕のない家庭に過度の負担が生じる恐れがある」
新聞記者が学校制服への理不尽な憎しみを吐露して読者からツッコミを食らいまくる珍事が発生
"新垣康史校長は「制服自由の日」の狙いについて「生徒の心の成長が見たかった。いい学校とは、先生が生徒をコントロールしやすい学校のことではない」と強調した。"

- 琉球新報
水を差すつもりはありませんが、一部に悲しい気持ちとか、寂しい気持ちになる親御さんがいなければいいなと感じました。
100%私服で育った自分には、何がなんだかよくわからない。
毎日じゃないんかーい
学校といえども社会生活の場である以上ある程度のルールは必要だろ(^^;)
こういうのいいね。
いい学校とは、先生が生徒をコントロールしやすい学校のことではない」と強調した。
当時だったら何着ていくだろうか。
今だったらきっと制服のままだろうな。
中学の時は丸刈り強制と詰襟の学ラン。あの軍隊のように「不自由」な時代の記憶は無意識に封印しているような気がする。
先生は何かと忙しいと言うが生徒を校則に従わせる労力と時間を無くせば良い。そして、その時間を授業準備にあてろ。
「制服自由の日」を那覇市立鏡原中で実施したニュース。

「生徒に出された条件は「授業に支障のない服装」「先生や保護者に相談しない」の二つ。」
「教師側にも「生徒が何を着ていても注意しないこと」という指示が出た」

というところが本当に素晴らしい。
これいろんなところでやってほしい...
「生徒に出された条件は「授業に支障のない服装」「先生や保護者に相談しない」の二つ。」「教師側にも『生徒が何を着ていても注意しないこと』という指示が出た」
琉球新報
母校の取り組みを誇りに思います。
「制服自由の日」

生徒「自ら判断する力が問われた」

新垣康史校長「いい学校とは、先生が生徒をコントロールしやすい学校のことではない」
わたしは、丸刈りの廃止など校則改正運動を立ち上げて生徒会長になったため、職員室からは嫌われ、内申制度にも蹴られた。いま言えるのは、ひとが生きるときには責任と自覚が大切で、スッキリとかキッチリは誰かに押しつけるものではなく自分自身で厭うものだということ📚
「いい学校とは、先生が生徒をコントロールしやすい学校のことではない」

まさにその通りだ。

生徒が自らの責任において考え、行動できるようになっていくことこそ、最良の教育。
自分の母校!
すごく大事なことだと思う。
本来「何を着るか」は自由の筈。「制服自由の日」ではなく、毎日「『自由』が当たり前」であって欲しい。
高校生の時、途中で勝手に制服やめたことを思い出した。
沖縄県の中学校が学校に着ていく服を自由に選べる「制服自由の日」を実施。最も多かったのは体育着。次に部活着だそう。「先生や親に相談しない」「授業に支障が出ない」が条件。

生徒に考えさせ、気持ちを尊重する素晴らしい取り組み👏🏻
ピンク・金ぴか・紫を着るとどうなるか?を考える機会になればいいね。
いいことだよね。ただし…社会というのは、自分のやりたいようにやることを求めていない。ようは我慢できるかどうか。
面白い取組だね。生徒も楽しそうだし(*´ω`*)

【本文より】教師側にも「生徒が何を着ていても注意しないこと」という指示が出た
「授業に支障がない服装」を生徒が考えて登校する、という試みだそう。いい学校とは、先生が生徒をコントロールしやすい学校のことではない」という先生の意見に共感する。
校長先生の言葉素晴らしいな

- LINE NEWS
昨日、母校で面白いことしてたらしい😃
お尻見えそうな子がおるな
いいと思うなぁ、こういうの。
もうン十年も前だけど、うちの通ってた中学もこれを経て私服化になってた。時計も自分で持って移動するからチャイムもなかったし。
よきよき。
「考える」って大切なこと。
そもそも学校が「自由」を与えないと、服装すら自分で決められないのがおかしいと思う。
この「制服自由の日」が変わる第一歩になれば、、

- 琉球新報デジタル
生徒が選ぶ「判断力問われた」「かわいい服、楽しい」(琉球新報)
とても良い話だと思うので、他の学校でも実施してほしい。
生徒が選ぶ「判断力問われた」「かわいい服、楽しい」(琉球新報)
義務教育も止めれば良いんじゃ無いか?
自分で判断させれば良い。
当たり前の事なのに、選択肢奪われてただけなのに
制服は毎日洗えないから感染予防のためなら私服もありなんじゃないか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR