TOP > 政治・経済 > F4ファントム嘉手納移駐、日本政府の不安に米が配慮 当初はグアムや米本土 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

F4ファントム嘉手納移駐、日本政府の不安に米が配慮 当初はグアムや米本土 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

11コメント 2020-06-26 05:31 | 琉球新報キャッシュ

 【東京】1970年12月に日米両政府が合意した米軍横田基地(東京都)のF4ファントム戦闘機部隊の移駐先について、米側が米軍撤退を不安視する日本政府に配慮し、当初検討された米本国や米領グアムではなく嘉手納......

ツイッターのコメント(11)

日本政府が米軍駐留を
再三要求した結果
嘉手納に空軍が居残った。

-
>日本本土の、とりわけ東京の基地問題の解消の代償

米軍から返還後に自衛隊の基地になってる分の説明もお願いします。あと米軍住宅も沖縄に持って行ったんですか?

 当初はグアムや米本土(琉球新報)
文書残しておくのはとても大事。
沖縄の米軍基地負担は日本政府によってもたらされていた。
なんかよくわからんな。
これはもう50年も昔の話しだが今も昔も国防に関して米国に依存している部分がある。
だがこれからは米国頼りにしている訳にもいかないと思う。
米国も在日米軍基地が攻撃されれば動いてくれるかも知れないがそれ以外は動かぬ可能性が大いにある。
自国の防衛は自国の力で!
当初はグアムや米本土(琉球新報)
F4嘉手納移駐、米が政治判断 日本の不安に配慮 -
横田基地から地理的に近い沖縄を移駐先とすることで、米軍が日本防衛に関与しなくなるとの日本側の懸念を払拭する政治的判断が重視されていた。
F4嘉手納移駐、米が政治判断 日本の不安に配慮
以上
 

いま話題のニュース

PR