TOP > 社会 > 撃たれた父、畑に埋めた「沖縄戦10月も終わらず」 オリオンビール会長・嘉手苅義男さん語る - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

撃たれた父、畑に埋めた「沖縄戦10月も終わらず」 オリオンビール会長・嘉手苅義男さん語る - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

32コメント 2020-06-21 05:31 | 琉球新報キャッシュ

 オリオンビール会長の嘉手苅義男さん(81)は沖縄戦で父・松吉さん=当時37歳=を失った。1945年10月、嘉津宇岳で米兵に撃たれた松吉さんの遺体が見つかり、まだ7歳だった義男さんは自らの手で父親を一家......

ツイッターのコメント(32)

オリオンビールと言えば、最近読んだ会長・嘉手苅義男氏の記事が忘れらない。

「6月23日、8月15日で終戦と言うけれど、それは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」
今日はオリオン・ザ・ドラフト生を飲みながら、嘉手苅さんの話を思い出してほしい。
オリオンビール会長の嘉手苅義男さん(81)は沖縄戦で父・松吉さん=当時37歳=を失った。
オリオンビール会長の嘉手苅義男さん(81)は沖縄戦で父・松吉さん=当時37歳=を失った。1945年10月、嘉津宇岳で米兵に撃たれた松吉さんの遺体が見つかり、まだ7歳だった義男さんは自らの手で父親を一家の畑に埋めた。
戦争で真っ先に死ぬのは民間人です。
基地も攻撃対象になります。
絶対に戦争ができる国にしてはならないのです。
ファンドによって内地から送られてきた社長が「ストロング系」商品をやめた美談のすぐ後に会長が回顧するオリオンビール。ソーシャル的。=
やんばるの山中には沖縄の女性を襲う米兵や日本軍の敗残兵がいて、地上戦を生き延びた住民が犠牲になった。嘉手苅さんは「6月23日、8月15日で終戦と言うけれど、それは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」と語った
撃たれた父、畑に埋めた/オリオンビール嘉手苅義男会長: …「やんばるには米兵や日本軍の敗残兵がいて地上戦を生き延びた住民が犠牲になった。「6/23、8/15で終戦と言うけれどそれは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」
こういう貴重な証言を後世に残すチャンスがまだ、少し残っています。
本当のことを知らなければ、まともな判断はできません。
貴重な証言ありがとうございます。
嘉手苅さんは「6月23日、8月15日で終戦と言うけれど、それは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」と語った↓
“「6月23日、8月15日で終戦と言うけれど、それは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」”
≪やんばるの山中には沖縄の女性を襲う米兵や日本軍の敗残兵がいて、地上戦を生き延びた住民が犠牲になった。嘉手苅さんは「6月23日、8月15日で終戦と言うけれど、それは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」≫
@ospreyfuanclub2 @kakitama それでも散発的な戦闘は続き、10月に入ってからも北部の山中で撃たれて殺された民間人がいてその子らが遺体を埋めたと、きょうの新報朝刊1面にオリオンビール会長の証言が。慰霊の日で終わりではなかったのだと毎年思います。
米兵どころか日本の敗残兵どもまでが、沖縄の無辜の人々を苦しめ手にかけ地獄を味合わせた、これが歴史。どの面下げて愛国とか君が代とか、言えるわけ?
わずか7歳「撃たれた父の遺体を裏の畑に埋めた」。オリオンビール会長の嘉手苅義男さんが沖縄戦体験について初めて取材に語りました。6月23日に組織的戦闘は終わったとされる沖縄戦ですが、10月も戦争は続いていたといいます。沖縄の新聞
「6月23日、8月15日で終戦と言うけれど、それは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」
「撃たれた父、畑に埋めた“沖縄戦10月も終わらず” オリオンビール会長・嘉手苅義男さん語る」(琉球新報200621)
「7歳だった義男さんは自らの手で父親を一家の畑に埋めた。やんばるの山中には沖縄の女性を襲う米兵や日本軍の敗残兵がいて、地上戦を生き延びた住民が犠牲に」
7歳の時だったそうですよ。沖縄にとって加害者は米軍と日本軍。
「やんばるの山中には沖縄の女性を襲う米兵や日本軍の敗残兵がいて、地上戦を生き延びた住民が犠牲になった」
戦争、若しくは軍隊と言う物の本質の一片。
戦争体験者のお話。
戦火を生き延びたのに、惨敗兵(米兵・日本兵)の犠牲になられた方も…
---
😿

「おやじを土に埋めた話なんて、今までなかなか身内にもしなかった。やはり戦争はあってはならない。私は一番の戦争反対者だ」
米兵や日本兵からの無法な暴力。

読むだけでも辛いけど
先ずは知っておかないとね。

併合されてしまってるけど
オリオンビール 買って来ようかな?^^

撃たれた父を畑に埋めた
7歳だったオリオンビール会長
「沖縄戦10月も終わらず」
引用>「6月23日、8月15日で終戦と言うけれど、それは間違い。沖縄の山の中は10月まで戦争だった」
いろんなひとみてほしいねー
撃たれた父、畑に埋めた「沖縄戦10月も終わらず」「おやじを土に埋めた話なんて、今までなかなか身内にもしなかった。やはり戦争はあってはならない。私は一番の戦争反対者だ」

戦争反対でも毎日のように中国軍艦や潜水艦が我が国を威嚇していますョ…開戦の足音が
この先オリオンビールを飲む時、この言葉をたぶん思い出すだろう。いや、心に刻みながら飲みたい。「私は一番の戦争反対者だ」
沖縄戦で撃たれた父、畑に埋めた オリオンビール会長嘉手苅義男さん 戦後まで続いた苦難語る -
沖縄戦で撃たれた父、畑に埋めた オリオンビール会長嘉手苅義男さん 戦後まで続いた苦難語る
以上
 

いま話題のニュース

PR