TOP > 社会 > 沖縄全戦没者追悼式 平和の詩 全文 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

沖縄全戦没者追悼式 平和の詩 全文 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

30コメント 2020-06-20 11:41 | 琉球新報キャッシュ

 23日の慰霊の日に行われる沖縄全戦没者追悼式で、髙良朱香音さん(17)が朗読する詩の全文を紹介する。   ◇  ◇  ◇ あなたがあの時  沖縄県立首里高等学校3年 髙良朱香音 「懐中電灯を消してください」......

ツイッターのコメント(30)

「MESSAGE FROM UTAKATA」(2020.6.24)
「慰霊の日」式典での詩の朗読についての話。今年の詩はこちらで。
二曲目「屋嘉節」は収容所での生活を歌った歌。歌詞を説明してからレコードをオンエア。三曲目の「軍人節」も「本当の心は違うと思うんですが建前でこういった会話を」
これ、いい詩ね。
基地要らぬ平和の礎沖縄忌 あらえびす
昨日6月23日は琉球新報のサイトで追悼式のライブ映像視聴。いくつかの心に残るスピーチがあったが、過去、現在、そして未来につながる視点で演劇的な彼女の表現にはとても心を揺さぶられた。
胸にどしんと。
平和な世界をみんなで創造しよう
私を見つめたまっすぐな視線
未来に向けた穏やかな横顔を
私は忘れない
平和を求める仲間として

沖縄全戦没者追悼式 平和の詩 全文 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
髙良朱香音さんの朗読した詩

沖縄戦の深いところが込められていて戦慄を覚える😢
詩の力、言葉の力。すばらしい詩

〈あなたが声を上げて泣かなかったあの時
あなたの母はあなたを殺さずに済んだ
あなたは生き延びた〉
私を見つめたまっすぐな視線
未来に向けた穏やかな横顔を
私は忘れない
平和を求める仲間として
そうそうこれです。
「懐中電灯を消してください」……

まだ昼間だというのに
あまりにも暗い
少し湿った空気を感じながら
私はあの時を想像する――

アブチラガマに「平和学習」で入った時のことを思い出します。「あの時」の真っ暗闇を想ったひととき。
あの人を助けてくれたおかげで
私は今 ここにいる

真っ暗闇のあの中で
あなたが見つめた希望の光
私は消さない 消させない

沖縄全戦没者追悼式 平和の詩 全文
以前ガマを見学した時がよみがえりました。素晴らしい表現力です。
「あなたがあの時」
首里高校3年生 高良朱香音さん

想像すること、受け止め、伝えることの大切さを、彼女から教わりました。
「あなたが声を上げて泣かなかったあの時

あなたは生き延びた

あなたが少女に白旗を持たせたあの時
彼女は真っ直ぐに旗を掲げた
少女は助かった

ありがとう」

沖縄全戦没者追悼式 平和の詩 全文 - 琉球新報
今年の平和の詩で印象的だったのが「私はあの時を想像する」というフレーズ。資料を見て話を聞いて、その時を想像してやっと「伝わる」のかもしれない。想像させることまでが「伝える」ことなのかもしれない。

-
沖縄慰霊の日。今年も 高校生の詩の朗読に胸騒ぎに似た思いが高鳴り、引きこまれて行った。

琉球新報が前日に発表した「あなたがあの時」全文です。
〈あなたが青春を奪われたあの時/あなたはもうボロボロ/家族もいない 食べ物もない/ただ真っ暗なこの壕の中で/あなたの見た光は、幻となって消えた。〉
"あなたが声を上げて泣かなかったあの時
"

"ありがとう"

沖縄の慰霊の日の「平和の詩」はいつも胸に迫ります。
琉球新報さん、3日も前に全文公開してたのか。
沖縄全戦没者追悼式 平和の詩 全文 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
しずかに、言葉を確かめるように語る姿が、とても印象的だった。
さっきNHKで見て感動した〜
一瞬、虚をつかれた。そして涙がでた。「あなた」「あの時」…体験者との距離をギリギリまで詰めた、勇気のある、そして温かい詩だ。→
「あなたが声を上げて泣かなかったあの時

あなたは生き延びた」
今日は沖縄慰霊の日。8月6日、8月9日、8月15日と同様に忘れてはいけない日。今日、沖縄全戦没者追悼式で読まれる詩。この記憶を必死の思いで風化させないように努力している人が教育現場にいることを忘れてはいけない。
23日の慰霊の日に行われる沖縄全戦没者追悼式で、髙良朱香音さん(17)が朗読する詩の全文を紹介する。
- 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
23日の慰霊の日に行われる沖縄全戦没者追悼式で、髙良朱香音さん(17)が朗読する詩の全文を紹介。
以上
 

いま話題のニュース

PR