核燃料棒と表記されたもの見つかる 沖縄県伊良部島の橋付近 自衛隊が出動、放射線量は検知されず - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

206コメント 2019-11-19 09:50 琉球新報

 18日午後9時ごろ、沖縄県宮古島市伊良部の国仲橋付近の海岸で、通行人が「ウランペレット(核燃料棒)」と表記された物体を発見し、宮古島署へ通報した。   同署から連絡を受けた宮古島市は沖縄県を通して....

ツイッターのコメント(206)

←学校教材によく似てる。アンチが持ち込み騒ぎにしようと画策か?
ますます謎。
現代ホラー。誰だこんなもんリリースしたアホは。>
サンプル? /
どういうことだ?
解明してくれ。
しかし、時系列で、収賄疑惑と首里城焼失の順で‼
鳩的には、県政のメディアコントロールらしいよ⁉(笑)
沖縄は「核つき」で返還された。
日本政府は常に「沖縄に核はない」との
嘘をつき続け、やっぱりあった!
うーん、どんな意図があるんかなぁ?
核の驚異が沖縄にまで!
政府がこんなものを持ち込んだ!
政府を信用できない!
アメリカと日本政府の陰謀だ!
かなぁ?
なんかイマイチだなぁ?
核燃料棒って書いて捨てたやつここまで騒ぎになるって考えてないだろ。
これ、何ですか?
何に使われたものですか?

なぜ、そこにあったのですか?

誰の所有?

いつからあるんでしょうか?
 
PR