TOP > 社会 > <社説>4・28「屈辱の日」 自己決定権を誓う日に - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

<社説>4・28「屈辱の日」 自己決定権を誓う日に - 琉球新報デジタル|沖縄のニュース速報・情報サイト

14コメント 2021-04-28 05:00  琉球新報

 4月28日を迎えた。サンフランシスコ講和条約の発効(1952年)によって日本の独立と引き換えに、沖縄は日本から切り離された。米国統治が始まった日である。沖縄はこの日を「屈辱の日」と呼んできた。  米...

ツイッターのコメント(14)

>日本は自国の安全を米軍の抑止力に頼り、基地負担を沖縄に押し付けている

ならば日本の国防を更に充実させる必要がありますね
4.28も暮れ行くが沖縄の「屈辱の日」は私には沖縄Dayであったが忘れる事なき屈辱は安倍晋三が主権回復の日として当時の天皇、皇后を利用し万歳三唱の蛮行を成した時!

<社説>4・28「屈辱の日」
72年の復帰記念式典で屋良知事は「沖縄がその歴史上、常に手段として利用されてきたことを排除」すると述べた。日本復帰から半世紀。日米に利用されてきた立場に終止符を打つ時期が来ているのではないか。/「4・28『屈辱の日』 自己決定権を誓う日に」琉球新報社説4月28日付
日本は自国の安全を米軍の抑止力に頼り、基地負担を沖縄に押し付けている。
「昭和天皇は沖縄を「25年ないし50年、あるいはそれ以上」米軍に提供したいと提案した。」
基地外すぎて(泣)
勝手に変な日作んなよ
ぼくらはこれを忘れてはならない。でも忘れてる。いや、気づいてさえいない。加害的なことに気づいていない。そんなことばかりだ。
72年5月15日の日本復帰記念式典で屋良朝苗知事は「沖縄がその歴史上、常に手段として利用されてきたことを排除」すると述べた。日本復帰から半世紀。日米に利用されてきた立場に終止符を打つ時期が来ているのではないか↓
私の親父の世代だとこの日はやっぱり「屈辱の日」だと思っている人は多い。
サンフランシスコ講和条約によって日本の独立と引き換えに沖縄は日本から切り離された。日本は自国の安全を米軍の抑止力に頼り基地負担を沖縄に押し付けている。沖縄には自らの将来を自ら決める権利がある。「4・28」は「屈辱の日」を返上し自己決定権の確立を誓う日としたい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR