ピンク・フロイド初来日の衝撃とは? 「箱根アフロディーテ」目撃者が語る真相 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

ピンク・フロイド初来日公演「箱根アフロディーテ」の新発見映像を収録した日本独自企画『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』がリリースされた。半世紀を経過した今も、このフェスが伝説として語り継が...

ツイッターのコメント(11)

ビッグネームになる前のピングフロイド
ELPのようなセンセーショナルものは感じなかったけど子どもには理解しづらかった
でもあとのウイッシュ…は感動も🍲
tvk「ROCK CITY」で紹介。
とにかく、当時の日本の映像に驚愕した。
「箱根アフロディーテ」。
なんと懐かしい名前だろうか。
読みごたえある記事です(°▽°)
ボリューミーな記事だった→
当日、そこにいた方にしか書けない臨場感溢れる記事ですねえ。ピンク・フロイドより1910フルーツガムカンパニーのほうが知名度が高く、「原子心母」もそんなに売れてなかった筈という点も。
いい記事!
今から50年前の出来事、1971年8月6日~9日の体験。
今回50周年記念盤(デジタルブックでの体験談、箱根7日のチケット復刻)そしてアフロディーテ記念写真集(寄稿文)と色々関わらせてもらいました。(このRS特集記事は保科好宏氏)・フロイド #箱根アフロディーテ
50年前なんて屋外での音響システムのノウハウなんてほぼないだろうし衝撃だっただろうなあ
フジロックに先駆けること26年、箱根で開催された日本初の野外フェス。トリを務めたのは『原子心母』を発表したばかりのピンク・フロイド。これは行くしかないと現地に駆けつけた当時の高校2年生、50年後に振り返る歴史的瞬間。熱すぎる。
以上
 
PR
PR