TOP > エンタメ > 宮本浩次はソロデビュー曲“冬の花”で己の魂の何を解放したのか? (2019/02/08) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

宮本浩次はソロデビュー曲“冬の花”で己の魂の何を解放したのか? (2019/02/08) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

《泣かないで わたしの恋心/涙は“お前”にはにあわない/ゆけ ただゆけ いっそわたしがゆくよ/ああ…...

Twitterのコメント(11)

ストリングス四家さんだったー!
冬の花のバンドメンバーが錚々たる顔ぶれ
冬の花以外にも何曲かこの編成で録ってたりしないかな
この編成でロックナンバーも聴きたいなと欲が出る
ドラム、屋敷豪太さんなんだ。
色々忙しかっただろうな。凄いや。
良き。高橋氏は本当に良きね。
最後の一文『2019年、宮本の新たなキャリアの始まりに立ち会えたことを、心から嬉しく思う。』…心の底から同感。
ファンになってからずっと、エレカシとしての新たな場面・宮本さんの新たな場面に立ち会えてることが本当に嬉しいし楽しいんだな〜
およそ捕捉不能なほどに凄絶に渦巻きせめぎ合う感情と衝動を完膚なきまでに言語化し、その至上のメロディを圧巻の絶唱でもって今この時代に歌い放つ…この書き方!🤣
石くんトミ成ちゃんが恋しいよ😂
頭の“……およそ捕捉不能な”のあたりで、あ、高橋さんだな!ってわかるよね
歌詞の一部だけど文字化されてる。
ひらがな…かな❓
以上

記事本文: 宮本浩次はソロデビュー曲“冬の花”で己の魂の何を解放したのか? (2019/02/08) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

関連記事

935コメント 2019-02-12 04:33 - www.youtube.com
45コメント 2010-10-08 21:37 - www.youtube.com