2018年、多様な表現で自分自身を表現したLGBTQのミュージシャンたち。ジャネール・モネイ、トロイ・シヴァンetc……|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

2018年の音楽シーンを振り返ると、ひとつ大きな潮流としてクィア・ミュージシャンたちの活躍があったと…...

Twitterのコメント(3)

最近Troye Sivanにぞっこん。ニューウェーヴやシューゲイザーといった艶のある80s&90s音楽へのレファランスを見事にEDMなどの現代的なポップミュージックにまとめあげてる。それをまとめ上げるアンニュイで、翳りのあるウェットな彼の声。ライブの抽選当たるかなぁ😣
「LGBTQのミュージシャン」ってジャンルみたいに一括りに紹介するのは違うんじゃないか?
「自らのセクシャリティを武器にするミュージシャン」なのでは?
いや、昔からUKやNYやウエストコーストなどで様々な音楽ムーブメントの中心にあったのはゲイやトランスのコミュニティだよ。

2018年、多様な表現で自分自身を表現したLGBTQのミュージシャンたち。ジャネール・モネイ、トロイ・シヴァンetc
以上

記事本文: 2018年、多様な表現で自分自身を表現したLGBTQのミュージシャンたち。ジャネール・モネイ、トロイ・シヴァンetc……|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

関連記事