ラミ・マレック、『ボヘミアン・ラプソディ』を途中でクビになったブライアン・シンガーとの仕事が非常にやり辛かったと告白する。|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

『ボヘミアン・ラプソディ』の監督だったブライアン・シンガーがクビになった理由のひとつに、主演のラ…...

Twitterのコメント(4)

チーム・ボラプの座長として作品を守りつつも、いろいろな人たちに思いやりの言葉をかけるラミさん。キャストとスタッフの信念と結束力でようやく完成させた作品なのに、離脱してからもお騒がせな監督が残念で仕方ない。
ー もしブライアン(シンガー)との関係性について癒しを必要としている人達がいたらだからブライアンはクビになったんだと言いたい。ブライアンはクビになったんだよ。彼がクビになるなんて誰も思っていなかった。だけど彼はクビになるべきだったしそして実際クビになったんだ
記事の内容よりラミがエディに背後から抱きつくとか抱きしめるだよねこれはもう腕も絡まってるしどういう意味なのかそこが一番気になった
なんでボラプの記事でボラプボーイズじゃないの
エディのほうが好きなんじゃないの(T-T)
ラミ・マレック、『ボヘミアン・ラプソディ』を途中でクビになったブライアン・シンガーとの仕事が非常にやり辛かったと告白す… - 中村明美の「ニューヨーク通信」
以上

記事本文: ラミ・マレック、『ボヘミアン・ラプソディ』を途中でクビになったブライアン・シンガーとの仕事が非常にやり辛かったと告白する。|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

関連記事