TOP > ネタ・話題 > スバル レガシィ、航続可能距離過大表示でガス欠のおそれ リコール | レスポンス(Response.jp)

スバル レガシィ、航続可能距離過大表示でガス欠のおそれ リコール | レスポンス(Response.jp)

24コメント 2018-11-02 12:26  レスポンス

SUBARU(スバル)は11月1日、『レガシィ』のコンビメータコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年10月2日~2018...

ツイッターのコメント(24)

ドライバーが航続可能と認識し運行を続けた場合、ガス欠で車両が停止するおそれがある。..不具合は17件発生
ブレーキ等の検査不正やら、86BRZのエンジン積み下ろし必要なリコールやら、大半の利益稼ぐアメリカでの関税問題やら、ここ数年絶好調のスバルは試練の時ですね
これをあてにして走るドライバーが、いるかどうか…いたんだろうなあ。誤差が酷かった?
寧ろ、燃料計見ましょうね、と。
まだ出る…のねぇ。
レガシィの燃費表示の「盛り過ぎ」は4代目からのレガシィ(伝統)(笑)。満タン方との差がデカ過ぎた。こんなところでもリコールなんて、最近のスバルは情け無さ過ぎる。もっと正直なメーカーを目指さなきゃ。
コンビネーションメータコントロールユニットの演算プログラムが不適切なため、燃料残量警告灯が規定の残量で点灯せず、メータ内ディスプレイに過大な航続可能距離を表示することがある。
『不具合は17件発生、事故は起きていない』という情報より、今のプログラムでランプが点いたらあとどれくらいかという情報の方が重要やんな…
スバル大丈夫か・・・最近車の技術面のリコール多い、技術者がいなくなってるんじゃ??
自分が以前いた工場でも技術、開発部が新人しかいないと言う状態にになってた
毎日リコールしてるなこの会社。
またスバルか。(´・ω・`)
(;゚ロ゚)こないだバルブスプリングのリコール出したばかりやんけ!
対象製造年月日を見るとBN/BS系D型が対象で、来週我が家に納車されるE型で対象外だが…なんともお粗末な不具合だなぁ。ソフト書換えだけで治るとは言え、ユーザーに不便を強いるのには変わりないからねぇ。
こういう不具合でリコールって珍しいんじゃないかな。 -
スバル続々出てくるなぁ…
燃費偽装の一端か?
ウチのセディゴンは残り4分の1で航続可能距離がゼロになるwww
こ、これは… >
うわ、うち対象車だなこれ……
貧乏ランプや走行可能距離表示がおかしい問題
針正常ならドライバーの質の問題でもあるよね。双方擁護しないけど。


まだリコールあるかい?
今のうちだよ
うちの車は航続可能距離---kmになってからも30kmぐらい走れるというのに
いやいや、これは流石に仕方ないってかわかるでしょ。。インプレッサだって高速走った後に、給油すると、航続可能距離が900㌔とか出てくるけど、一般道で900㌔とか、プリウスでも無理だろw
まだまだ出るのかw/
地味に困る / “315722.html”
スバルさん、他の追従を許さない
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR