スバル レヴォーグ、次期型登場は2019年か…ボディ拡大でダウンサイジングターボ搭載へ | レスポンス(Response.jp)

35コメント 2018-10-29 12:25 レスポンス

スバルのステーションワゴン、『レヴォーグ』次期型プロトタイプをスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。発売から4年が経過し、いよいよ初のフルモデルチェンジが視野に入ってきている。

ツイッターのコメント(35)

正体はレヴォーグ次期型プロトタイプだそうだ


何にせよ レヴォーグの紹介として載せる画像じゃないよな(編集者無能)
スバルのレヴォーグ、現行型がWRXに近いデザインだったのに対して、新型はWRXじゃないほうのインプレッサに寄せてきたか...
個人的にはあくまでもスポーツ車じゃなくて大衆車だよって言いたいように思えてしまう...
デザインカッコいいなー
これ、XVに穴付きボンネットとテール部分くっつけてるのに "捉えたプロトタイプは、現行モデルをベースにしている、" という圧倒的勘違いをしているのでその後の文章もめちゃくちゃw
:
レヴォーグ次期型、開発車両をスクープ!ボディ拡大でダウンサイジングターボ搭載へ
次のレヴォーグは魅力的じゃない進化になりそーね

またデカくしたらレガシィの二の舞じゃんよ
スバルってほんとアホなんじゃ…レヴォーグのボディ拡大は既存ユーザー取りこぼすべ…
レヴォーグの一番いいところが潰される。
スバルはアホか?
フォレスターのターボもなくしやがって。
 
PR
PR