TOP > 昭和の香りが消えていく…北海道新幹線、青函トンネルで「3分短縮」走行試験[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)

昭和の香りが消えていく…北海道新幹線、青函トンネルで「3分短縮」走行試験[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)

15コメント 登録日時:2018-09-03 11:51 | レスポンスキャッシュ

北海道新幹線の青函トンネルで、最高速度を最大で時速210キロに上げる走行試験が始まったという。JR北海道が2018年度末までに、現在の時速140キロから160キロへの引き上げを目指すための試験だそうだ。...

ツイッターのコメント(15)

何言ってんだこいつ?
こんなアホな記事書いてお金もらえるのか。
いい仕事だなあ。
: 昭和を1年しか経てない青函トンネルと2年前に開業したばかりの北海道新幹線、どこに昭和の香り()があるのやら
津軽海峡フェリー「昭和の香りが御所望でしたら、是非とも弊社に」
北&束「何が昭和じゃ知るかボケ」
国に金があれば平成のはじめには
とっくに新幹線が走ってた。そもそも昭和のうちから想定内なんだがね。
青函トンネル開通が1988年3月、平成が89年1月から始まるので、青函トンネルに昭和の香りはほぼ存在しません。
こういう懐古じじいの戯言を記事として出さないでほしい。なんだその無理やりな文のまとめ方。

なにが「昭和の香りが消えていく」だよ。
(°Д°)ハァ? 台風21号が来てるけど、かつての洞爺丸事故がどこで・なぜ起こったのか、それを考えれば「昭和の香りが消える」なんてのは許容範囲内だろうに。
「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」?
日本には新幹線より速い速度で動く乗り物あるよ!

「飛行機」

っていうんだけどさ!
> 北島三郎さんのヒット曲『函館の女』の出だしの歌詞を思い出し、昭和の香りがまた消えていく淋しさを覚える人も少なくないだろう。

そっちじゃなく、1番の最後を思い出そう。
たった3分のためにいくらお金がかかるんだろう。
昭和の香りだって?
新幹線に乗った事あるのだろうか、これ書いたライターさん。
この強引なオチの付け方は勉強になるなw
以上

記事本文: 昭和の香りが消えていく…北海道新幹線、青函トンネルで「3分短縮」走行試験[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)

関連記事