TOP > エンタメ > 藤岡弘、と『仮面ライダー』の50年 若いヒーローたちへ「ドラマチックな歴史を知ってほしい」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

藤岡弘、と『仮面ライダー』の50年 若いヒーローたちへ「ドラマチックな歴史を知ってほしい」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

18コメント 2021-03-25 08:10  Real Sound

かつて川崎市に存在していた東映生田スタジオ。このスタジオに若きスタッフ、キャストが集まって制作されたテレビドラマが、今もなお熱い人気を誇る特撮ヒーロー作品『仮面ライダー』だ。 漫画家・石ノ森章太郎がデ...

ツイッターのコメント(18)

この方を見習って欲しい。
Kさん、Tさん。
立派なお手本です。
変身ポーズは、佐々木剛氏が演じた一文字隼人=仮面ライダー2号の方が、1号よりも先。その点について、「彼が変身ポーズの先駆者となって、私に見本を示してくれた」と語る。
新しくライダーになる若人は、まずこの方に挨拶に行ってライダーに対する訓示を受けるという話は本当なんだろうか。
藤岡弘、、再び演じる準備はできている!

今のライダーとの共演ではないカタチで実現されるといいな。あと、あのゴツい1号ではなく、オリジナルに近い姿がよき。
仮面ライダー放送開始日と誕生日が結構近いわたしも昨日生誕50周年を迎えました。
これからも仮面ライダーを見続けて行くことでしょう。
これけっこうおもしろい。てか、かなり。
ヒーローを演じるというのは、とてつもなく大きな責任が伴うんです。ファンの人たちを裏切らない、失望させない、そんな生き方が大変だけど大事になってくる。それがファンの皆さんへのお返しであり、ヒーローを演じた者の責任でしょうね 。
藤岡さん尊敬しているけれど、撮影に穴あけて、その映画版の怪人を出さざるを得なかったことは正直に言うべきだと思うの。それこそが歴史>
最後のコメント。
ヒーロー演者の覚悟。
本当かっけぇなあ〜。
コーヒーに話しかけちゃうのには引くけどw
『仮面ライダーを演じる若者たちには、過去の出発点から仮面ライダーの歴史をたどってもらいたい。その歴史的なつながりが見えないまま演じていると、ただの人形になってしまう』
仮面ライダーといえばこの人。そして今でもヒーローでいてくれている。
これは素晴らしい!
セイバーのテコ入れで藤岡さんに
出てもらったらいいと思うよ( ´∀`)
「今ならまだやれます!」力強い。
ありがたや。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR