『スカーレット』ヒロインの波乱万丈ぶりが強烈 女性P×女性脚本家が“シビアな目線”で作る朝ドラ|Real Sound|リアルサウンド 映画部

11コメント 2020-02-04 06:07 Real Sound

日々、生きることが楽でないことを強烈に、シビアに突き付けてくる戸田恵梨香主演の朝ドラ『スカーレット』(NHK総合)。 家が貧乏であるために、中学卒業後に大阪に働きに出たり、安い給料を補うために1足12...

ツイッターのコメント(11)

3/23(月)から再放送されるNHKBSプレミアム『はね駒』と、今、放送中の『おしん』の共通点は、プロデューサーが小林由紀子さん(放送当時:岡本)で同じという事を、この記事で知りました。
「女性P×女性脚本家が“シビアな目線”で作る朝ドラ」
沢田研二さんの松波先生,楽しみです
いい作品にしたいのは分かるが、戸田恵梨香さんって朝ドラのヒロイン似合わない。
男前だが、柴咲コウさんみたいなクールビューティーではなく平凡な顔。
朝ドラ深いなぁ😭✨
この に出演は 朝ドラ俳優デビュー以上に意味のある事なのかもしれない(*˘︶˘*).。.:*♡
武志✨期待してます‼️


@realsound_m
「女性CP×女性脚本家の場合は、現実から決して目を逸らさず、突き付けてくる厳しさ・残酷さがある。」
女性制作チーム故かヒロインを単純に明るく健気な設定にはしなかったが、逆に夫は「嫌われない」理想像を投影していたように思う。- @realsound_m
まだ続くのか😭😭😭
女性P×女性脚本家による朝ドラの生々しさ|Real Sound|リアルサウンド 映画部
全部私が特に好きな朝ドラじゃないか‥‥
女性P×女性脚本家、私に刺さってるなぁ。
ってかとりあえず内田ゆきPが刺さってる‥‥

そう、ごちそうさんのあの戦時中の辛い日々。
半分、青いのギリギリなシングルマザーの日々。
"メインの作り手に男性目線が入ると、「みんなに愛される、明るく元気で健気なヒロイン」になったり、「誰かが救ってくれる優しい物語」になったりすることが多い。"
あー、そういえばあれもあれもそうだったね…
内田PはごちそうさんもPやったのか〜😅そらスカも展開キツイわな😓

 女性P×女性脚本家が“シビアな目線”で作る朝ドラ(リアルサウンド)
半青、ここに要る??
ごち…同じ方が携わってるだけで、これも画像まで貼ることある?画像を見せたかっただけ?
八さんも、波乱万丈だわよ。
ある意味、ヒロインだわよ。
以上
 
PR
PR