TOP > エンタメ > 森山未來×仲野太賀の熱演が生み出した『富久』 『いだてん』は誰も観たことのない“戦争ドラマ”に|Real Sound|リアルサウンド 映画部

森山未來×仲野太賀の熱演が生み出した『富久』 『いだてん』は誰も観たことのない“戦争ドラマ”に|Real Sound|リアルサウンド 映画部

10コメント 2019-10-14 15:20 | Real Soundキャッシュ

10月13日に放送された『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)第39回「懐かしの満州」。五りんの父・小松勝(仲野太賀)が送った手紙「志ん生の『富久』は絶品」の真相が明らかになった。 三遊亭圓生(中村七之助)と共に兵士たちの慰問興行で満州を巡っていた孝蔵(森山未來)は小松勝と出会…(1/2)...

ツイッターのコメント(10)

「引き揚げてきた孝蔵は「みんなで揃って上向いて、這い上がって行きゃわけねえや!」と笑った。そこにはかつて“悪童”だった孝蔵の姿はない」 第39回懐かしの満洲
今日再放送のいだてん第39話、見てない人にはネタバレになってしまいますが最初の方ちょいと読んで「ん?見てみようかな」と思ってくれたら。
台風で見れていなかった やべぇ号泣だぁ…
まだ若いライターさんが、真っ正面から を受け止めているのに感動。
私は いだてん 大好きなんです
どうかみんなにも見てほしい
視聴率低いっていうけどさ、大河はBS早回と本放送見逃しても土曜再放送があるから安心して裏番組見てるんだと思うよ
この前から『』で泣きっぱなしだけど、今回は特に泣いた。壮大な伏線回収に鳥肌立った!戦争のむごさを見た。終わっても地獄。ラグビーやバレーに熱い今だからこそ、スポーツと国の歴史を知れる。まさしく大河だよなーと。
昨日のいだてん、最高に神回すぎてほんとさあ
一夜明けても未だ余韻に浸っている。凄かった。
これもひとつのリアル。深く頷く!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR