TOP > エンタメ > 相葉雅紀が最後に見せた切ない涙 『僕とシッポと神楽坂』清々しい最終回に|Real Sound|リアルサウンド 映画部

相葉雅紀が最後に見せた切ない涙 『僕とシッポと神楽坂』清々しい最終回に|Real Sound|リアルサウンド 映画部

13コメント 2018-12-01 18:19  Real Sound

東京・神楽坂を舞台に、若き獣医師・高円寺達也(相葉雅紀)と動物、そしてその飼い主との心温まる交流を描いた金曜日ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)。その最終話が11月30日に放送された。...

ツイッターのコメント(13)

久しぶりに最終回の記事を読み...読んだだけで泣けてしまった。
再放送が初見の方は終わってから読んでほしい!(笑)
・・・くぅ、思い出すと泣ける(TT)
清々しいラスト、本当にそうだね。でも切ないからやっぱり続編を…
とても丁寧に書かれた記事。
その通り、素晴らしいドラマ、素晴らしい演技だった。
大好きな作品。見れて本当によかった。
まさにこの解説の通り😊
私にとっても金曜夜にほっこり気持ちを落ち着かせることのできる大好きなドラマでした。
なんかうれしい記事
この文章を読んでも泣けてくる…
本当にいいドラマだったな…
また思い出して( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)
いつも良記事ありがとうございます♪
片山さんのレビュー読んでまた涙が止まらず😭
感動の話で良かった。コオ先生の「笑って」が特に印象的。
想像を遥かに超えた
あまりにも切なく美しい
ラストシーンに
滝のように涙が溢れ出た。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR