TOP > エンタメ > ホリプロ・堀義貴氏が語る、芸能プロダクションの視点から見たエンタメ業界の実情「第一には経済的にも生命的にも生き残ること」 - Real Sound|リアルサウンド

ホリプロ・堀義貴氏が語る、芸能プロダクションの視点から見たエンタメ業界の実情「第一には経済的にも生命的にも生き残ること」 - Real Sound|リアルサウンド

76コメント 登録日時:2020-05-22 12:03 | Real Soundキャッシュ

 コロナ禍における音楽文化の現状、そしてこれからについて考えるリアルサウンドの特集企画『「コロナ以降」のカルチャー 音楽の将来のためにできること』。第3回は堀義貴氏(一般社団法人 日本音楽事業者協会会長・株式会社ホリプロ代表取締役社長)へのインタビューを行った。多くのタレントを擁し、音楽以外に…(1/2)...

ツイッターのコメント(76)

エンターテインメントには人生にないものを補完していく役割がある…

ほんとに😢
業界の実情・現実の良く分かるインタビューです。
だよね…やっぱり演劇は延期できないよね…海外作品はさらにお金かかっちゃうのか…
2年先まで決まってるのかー。
色々示唆に富んだ良記事。ホリプロ社長・堀義貴氏さんへのインタビュー:
芸能プロダクションの視点から見たエンタメ業界の実情「第一には経済的にも生命的にも生き残ること」
この記事は演劇界の厳しさが辛い。
誰も悪くないんだけど、本当に舞台芸術が死んでしまうのではと危惧。
興味深い。そりゃあ緊急事態宣言が解除されたからって数か月、1年ですべて元には戻らない。当事者ではないので深く考えていなかった。
優しい記事。
ミュージカルファンの中にも客席間隔を空けることを容認する人がいるんだけど、ミュージカル上演のコストを考えたことがあるのだろうか。チケットを売らなければファンだって毎年のように海外ミュージカルを観ることなんてできない。ホリプロ社長が厳しい現実を教えてくれる。
どこを読んでもつらい気持ちになった
わたしにできる支援をするしかない
この手の記事って、エンタメだけが苦しんで窮状を訴えているかのような印象を受けてしまうからバッシングされがちだけど、堀社長の意見はちゃんとしてるなって思った

私はビリーに人生を変えてもらったので、そういう人をもっと創出できるよう、なんとか生き残ってもらいたい
やっぱり海外作品は金銭的に大変なんだね。宝塚も今後昔みたいに座付演出家による完全オリジナル作品中心になるかなあ。
前半で大まかに現状と仕組みが解説されているので興味ある方には把握しやすいかも。
娯楽の意義について誇張せず卑下しない、すごく良い説明。
「エンターテインメントには感情を補完する役割がある。それによって自分が生きているという実感を持つことができる」
>ホリプロ・堀義貴氏が語るエンタメ業界の実情「第一には経済的にも生命的にも生き残ること」
この人の発言が 共産党に推された俳優などと違ってマトモなのは【多くのタレントを擁する社長さんだから】です。→
ちゃんとしてるし話としては凄く正当でその通りだけど冷蔵庫が“これ”である必要はないんだよねぇ
冷蔵庫であればどれであっても冷蔵庫の役割を果たせるんだから演劇の重鎮達もその人である必要はなくて“演劇”であればいい事に気付かないと
文化ってそういう事でしょ
ホリプロ堀社長のインタビュー
「海外発信についての助成金が補正予算として約878億円あるがコロナ禍に対する個別の補償はない」
某演出家とか某劇作家は論外として、
早くライブとか公演が開ける環境を整える為の案って出ないのかなぁ。
まず翻訳作品の上演権利のところでウゥッてなった
今までで一番うなずけた。たくさんの人生を背負ってるから言えることなんだろうな
演劇業界こんなだったのか
めっちゃやばいじゃん
大袈裟でもなんでもなくこれが事実なんだよね。コロナ後の「新しい世界」なんて嫌だ、コロナ前に戻りたい。
ホリプロ堀義貴氏


外国の作品を翻訳上演する場合は上演する前にあらかじめ収入の前払いをするのですがその契約は1~2年で切れる。延期するにはまた契約し直さなければならないんです。そのためアドバンス分も損失になると延期はゼロではなくマイナスからのスタートになる…
“エンターテインメントくらいはいつも弱い立場の人の側に立って”“表現者は歌の題材になりそうなこと、芝居の題材になりそうなことが今このコロナ禍の世には溢れているので、創作期間だと”
板野友美 #MJG接骨院 の説明責任は?
@1xuVLqH3kQ @Auxilia_A ホリプロ2代目さんの、この言葉を噛み締めてほしいです(-_-;)↓
"僕らの仕事はすごく過小評価されているけれど、音楽や映像がなくなったと想像してみてほしい" /
冷蔵庫の前に立ちすくんで、「俺は生きてるな」と思う人はいないですよね。でも地震が来て停電して冷蔵庫の中のものが腐っていったら「なんて便利なものなんだろう」と思う。だから本質的には冷蔵庫もエンターテインメントも同じなんですよ。なくなったときに初めて気がつく。
ここにも奢りが見られる。音楽やエンタメ必要だよ、でも進化していて、個人で工夫して発信している人らがいる。なんで既存の芸能だけ、国から補償されなきゃいけないの??
感情を揺さぶること、それがエンタメ。
テレビや映画でも良いけど、生で音楽や演劇を楽しむからより強く感情が揺さぶられるわけで。

ワクワクとかザワザワとかを感じられる場はライブには勝てないよなぁ。早くライブ復活してほしい。
例え話に尾崎の「15の夜」はまずいだろw
重みが…
表現者は歴史的にどの身分だったか。
思い出す。
身を弁えるという事。
出来る事をやっていこう。
改めて。
「創作の期間とわりきる」そこになんらかの支援ができればいいのにと、ファンとして思う
エンタメは不要不急なのか、そのひとつの考え方。
/
読んでる。「日本の場合はエンターテインメントに特化した補償や助成が今のところないのが一番の問題です」:
でも芸能全部は救えない。それでも欲しいと思う芸能だけは支援したいが悪いけどタグ付けて日本潰し企むのはちょっとやだね
まさにこの事!!
舞台は厳しいよね…(´;ω;`)
「裾野から崩れると思っていたのが、裾野とてっぺんから両方崩れそうというのが今の現状です」
業界の状況を淡々と説明した上で関連する他業種を思いやる発言はやっぱりトップの言葉だけありますね
じっくり読んでくださいな。
エンタメも冷蔵庫もなぜ必要なのかがここに。
生きるって、複雑な過程の有る行為よ
U・ω・U
凄くエンタメ業界の今後が恐ろしくなる良記事。クールジャパンが最悪だったからな……
舞台関係厳しいね…😭早くワクチンとか特効薬が見つかりますように…🙏
個人的に、エンターテインメントは人生を補完するもの~…のくだりに、激しく頷いた…。とても良い記事でした。
辛すぎて途中から読めなくなりました
早くワクチン出来てほしい💉
観てましたが。。やっぱりエンタメはどうなっていくのか、選択肢は多岐にあると思いますが選択は難しいですね
コンサートと舞台のそれぞれの中止、延期の違いなど舞台を待ち望む者としては考えさせられる…
よい記事です。網羅的でもある。「なくなって気付く大切さ」ならば確かに冷蔵庫と同じかも。志村けんさん亡くなった時もね。
考えてみてほしいのは、自分の人生を変えた冷蔵庫や洗濯機はあるのか、ということなんです。(中略)仕事がダメになって自暴自棄になっていた人がたとえば中島みゆきの歌を聴いて救われる。そういう冷蔵庫や洗濯機に出会ったことはありますか?

また喧嘩売ったと言われるね。
先日ツイートしたインタビューとは別媒体ですが。
>> 生活をする上で冷蔵庫や洗濯機がないと今のみなさんは生きていけないでしょう。そこで考えてみてほしいのは、自分の人生を変えた冷蔵庫や洗濯機はあるのか、ということなんです。

芸能プロダクションの視点から見たエンタメ業界の実情
「自分の人生を変えた冷蔵庫や洗濯機はあるのか」。ただ生きるだけなら必要ない、と言われがちなエンタメや芸術という仕事に対する返答として。他にもうんうんと肯く言葉がちりばめられた記事。
最後の「まず第一には経済的にも生命的にも生き残ることです」に襟を正すなど。
アイドルは冬の時代どころか氷河期時代になりそうやな
>怒りで怒りに加わらないということが大事。
ほんとだいじ。
@realsoundjp エンタメの苦境についてはよく分かるけど野田氏への批判はちと分析を誤っててあれは他業種への上から目線のせいだよな
こういう語り口であれば、演劇舞台業界の現状に理解・共感する人も多いと思うんだ。
「リアルで音楽や演劇を楽しむことがものすごく贅沢品になる」/
ミュージカルにハマって良く観ていたのだけど、コロナの影響で観れなくなって初めてミュージカルに生かされていた事に気がついた。
なので、今の現状は心が痛む
なくなって、初めてそれの重要さが分かる。なくちゃダメ。
演劇やライブのようなコンテンツはしばらく無理そう。。2m距離取りながらは、、
"ライブは映像でも楽しめるものだという新たな価値観が生まれるかもしれません。一方で舞台の場合は正直厳しい。"
とても届くインタビュー。興行の実態もよく理解できます。:
堀義貴氏が語るエンタメ業界の実情「第一には経済的にも生命的にも生き残ること」 @realsoundjp
他国と比較してもしょうがない。ドイツがアーティストに手厚いのはドイツ人みんなが大切にしてるからだし、政治家含め教養も文化への理解も深いんだろ。悲
こういう言い方だったら、衝突は無かったかな?
良かったな。この記事。
「怒りで怒りに加わらないということが大事。一番弱い人は誰なんだということに目を向けることが重要なのではないかなと。」
うぅ…
ホリプロ・堀義貴氏が語る、芸能プロダクションの視点から見たエンタメ業界の実情「第一には経済的にも生命的にも生き残ること」(リアルサウンド)
「自分の人生を変えた冷蔵庫や洗濯機はあるのか、ということなんです。」
無くても生きていけるけど、無くては活きていけないのが音楽。
「僕らの仕事はすごく過小評価されているけれど、音楽や映像がなくなったと想像してみてほしい」
堀さんのご苦労は並大抵ではありません。この危機に堀さんが業界のリーダーでよかった。
以上

記事本文: ホリプロ・堀義貴氏が語る、芸能プロダクションの視点から見たエンタメ業界の実情「第一には経済的にも生命的にも生き残ること」 - Real Sound|リアルサウンド

いま話題の記事