TOP > エンタメ > 星野源『Same Thing』レビュー 『POP VIRUS』以降のビジョンと新たな刺激を求めて - Real Sound|リアルサウンド

星野源『Same Thing』レビュー 『POP VIRUS』以降のビジョンと新たな刺激を求めて - Real Sound|リアルサウンド

10コメント 登録日時:2019-10-29 07:02 | Real Soundキャッシュ

星野源が10月14日、4曲入りEP『Same Thing』を全世界配信リリースした。前作『POP VIRUS』(2018年12月)以降、約10カ月ぶりの新作となる『Same Thing』には、Superorganism、PUNPEE、Tom Mischといった国内外の気鋭のアーティストが参加。星野の「…(1/2)...

ツイッターのコメント(10)

一気読みしてしまった。

VIRUS』以降のビジョンと新たな刺激を求めて(リアルサウンド)
素敵なレビュー!
『根底にあるのは、“自分が好きな音楽、アーティストをリスナーと共有したい”という願い』
どんな音楽性であっても、規模が大きくなっても、ラジオや冠番組でも、源さんの中にある根底は変わらないのだと思う。
Discover(Google)から
星野源、EP『Same - Real Sound|リアルサウンド

今届けたい音楽ということか…
うん うん 頷きながら読んだ

- Real Sound|リアルサウンド
これもいいレビューよねぇ → #星野源『#Same 『#POPVIRUS』以降のビジョンと新たな刺激を求めて
「時代やジャンルに関係なく、素晴らしい音楽を多くの人と共有したい”というメッセージが感じられた。」
ここは深く頷く。
このレビュー👏👏👏👏
「この作品だけで星野が完全にモードチェンジしたとみるのは早いだろう」なるほど
今までのレビューの中で一番するどいかも、、🎵
以上

記事本文: 星野源『Same Thing』レビュー 『POP VIRUS』以降のビジョンと新たな刺激を求めて - Real Sound|リアルサウンド