TOP > エンタメ > 新時代を形成する“ダーク・ポップ”の担い手、ビリー・アイリッシュとは何者か? - Real Sound|リアルサウンド

新時代を形成する“ダーク・ポップ”の担い手、ビリー・アイリッシュとは何者か? - Real Sound|リアルサウンド

25コメント 2019-03-29 13:31  Real Sound

2001年生まれ、17歳のビリー・アイリッシュはトップスターとなることが約束されたシンガーソングライターだ。そもそも、インターネットではすでにスターなのである。正式なデビューアルバムを出していないにも...

ツイッターのコメント(25)

「声をあげられない人たちの声になること」
弱い声の力を感じる
すごいアーティスト
"ビリー・アイリッシュは、新時代を形成する「ダーク・ポップ」の担い手だ。音楽性としては、ゆっくりしていて静か、ときにゾッとするほど暗い。しかも、ただダークなだけではない。ビリーはリリックとメンタルヘルス問題を重要視するアーティストだ。"
あの曲SHERLOCKがネタだったのか…!なんで私今まで知らなかったの?ってくらい好きになってしまった
時代は闇を求めてる。

ビリー・アイリッシュは、新時代を形成する「ダーク・ポップ」の担い手だ。音楽性としては、ゆっくりしていて静か、ときにゾッとするほど暗い。しかも、ただダークなだけではない。

ビリーの作品は「最も孤独な世代」を代表するアートとして注目
ダークボッブね。ついに時代が来た✝️
最近一番気になってるやつ
<女の子は笑顔でいることを強いられる>社会的な抑圧のアンチテーゼ。別の理由から笑顔の女の子を描かずにいるが、そうゆう「いつでも笑顔でいるのはリアルじゃない」みたいなムードはあると思う。無表情の女の子や顔が描かれてない絵が支持されているのはこうゆう理由かも。
“アウトローなカリスマ性”と“ファン主義” -
『ビリー・アイリッシュの1stアルバムによって「ダーク・ポップ」時代が決定すると予想されている』
そんな予想当たるんかな、でも来るなら来い。ただし日本は置いてかれる的
どこかのインタビューで「可愛く見えるかどうかよりもアートとしての表現の方が大事」と言っていた気がする。

内なる自分と向き合った暗い曲が多いものの、当の本人は至って明るくて(私たちにはそう見える)気さくなのもまた魅力😭💕
最近若い世代に大人気のビリー・アイリッシュについてとてもよく理解できる記事だった。ダークでホラーでメンタルヘルス的な楽曲が支持されているのは現代の若者が抱えている問題と直結してるから、というのは知らなかった。なるほどなー。
新時代を形成する“ダーク・ポップ”の担い手、とは何者か?
ダーク・ポップの旗手、ビリー・アイリッシュとは? -
どっか別の記事で、ニルヴァーナがヒットした時と勢いが同じって書いてあってそれはまじかと思ったけど大好き!今後記事が増えるのでどんどんチェックしていきたい
これは新時代キタ
カッケーな~。アリアナが陽ならば、ビリーは陰というか、すごいカウンター来た。
最近急に日本語圏内でビリーアイリッシュを見かけるようになったのなんなんだろうと思ってたらアルバムが出たのか アルバムという発表形態が彼女みたいな全く新しい存在のミュージシャンにとって正しいのかは置いといて音源とても良い
鬱とか心の闇を背負った人がポップカルチャーのど真ん中で活躍するのはなんか自分が肯定された気がして凄く嬉しい
"はじまりは13歳のころ、ビリーがダンスの先生とシェアするためにアップロードしたダンス用楽曲「Ocean Eyes」がSoundCloudで大ヒット。投稿した翌朝、目覚めるとレコード会社からメールが殺到していたのだという。つまり、彼女が自分自身を売り込む前に、才能が王冠を呼び寄"
Instagramフォロワー1500万人、Netflix『13の理由』への楽曲提供知らなんだ。去年のサマソニでは想像し得なかったスターダムへののし上がり方。

“アウトローなカリスマ性”と“ファン主義” -
2019年の邦楽は「King Gnu」と「ずっと真夜中でいいのに。」だけ聞いていればいいと個人的に流布しているのだけど、USの新人部門は間違いなく彼女だと思う
息子と同年か…。素晴らしい才能。しかし親が子どもに勧める音楽ではないな(^_^;) アルバムずっと聴いています。☆
“あまり笑わないパブリックイメージについて「女の子は笑顔でいることを強いられるから(そのアンチテーゼ)」と語るなど、社会の抑圧にも意識的だ。”
あれで、17才だとっ!?
やば過ぎる!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR