TOP > エンタメ > けやき坂46が示した1年間の成長 日本武道館を“ひらがなけやき色”に染めたクリスマスライブ - Real Sound|リアルサウンド

けやき坂46が示した1年間の成長 日本武道館を“ひらがなけやき色”に染めたクリスマスライブ - Real Sound|リアルサウンド

12コメント 2018-12-23 17:06 | Real Soundキャッシュ

けやき坂46が12月11から13日の3日間にかけて日本武道館にて公演『ひらがなくりすます2018』を開催した。  けやき坂46は今年1月末に同じく武道館で3日間のライブを行っている。が、その際は欅坂46(漢字欅)が急遽出演中止になった代わりに代役的に出演したという経緯もあり、準備不…(1/2)...

ツイッターのコメント(12)

大きな卵で弾けまくってくれる日もそう遠くないんだろうな。
楽しみにしてよう(*^^*)
グループの変化の中で過去と未来をしなやかな存在感で結びつける乃木坂の今、良くも悪くもこの先の行方がわからない中で過去を背負いつつ模索する漢字欅の今、良い意味で過去や未来を排して"グループの世界観を純粋に楽しめる初めてのライブ"( )を成功させたひらがなけやきの今
東京ドームが「ビッグエッグ」って呼ばれてたの忘れてた。
けやき坂46が示した
1年間の成長
日本武道館を
“ひらがなけやき色”に染めた
クリスマスライブ
が示した1年間の成長 日本武道館を“ひらがなけやき色”に染めたクリスマスライブ(リアルサウンド)
けやき坂46が武道館で示した1年間の成長 - Real Sound|リアルサウンド
ひらがなくりすますが特にサプライズも物語性もなく進み、このライブが"分岐点"にならずにただの"通過点"で済んでしまったということが彼女達の何よりの成長の証👌🏻
漢字欅厨ライターらしい無難な記事。
そんなに好きじゃないならもう記事書くなよ。。。
こちら書きました。今まで大きな支柱となっていた「ストーリー性」の部分を極力抑えたことで自分たちの世界観をより純粋に出せたライブ。そんな印象でした。
荻原さんのひらがなくりすますライブ評、特に「彼女たちが示した“1年間の成長”とは、自分たちの“色”そのもので魅せられるようになったという点」に共感。1月の武道館はその"色"を不器用なまでに探す様がエモーショナルに表現されたけど、今回はまさにそこが違った
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR