TOP > エンタメ > fhánaが初の京アニ作品主題歌で“踊った”理由「ダンス・ミュージックには主役がいない」 - Real Sound|リアルサウンド

fhánaが初の京アニ作品主題歌で“踊った”理由「ダンス・ミュージックには主役がいない」 - Real Sound|リアルサウンド

14コメント 2017-02-01 14:45  Real Sound

2016年は2ndアルバム『What a Wonderful World Line』とそれに伴うツアーを成功させ、8月にはシングル『calling』をリリース。アニソン、バンド、エレクトロ・シーンなど...

ツイッターのコメント(14)

これか……
今日はfhána「青空のラプソディ」を練習。フィリーソウルなイントロから倍速の忙しいAメロという展開が面白い。
/
ストリングスは12人編成
「fhánaがだんだん『何でもアリ』になってきている感覚はある」(yuxuki) - Real Sound|リアルサウンド
fhánaの曲の作り方好きです。敢えて原作に一切触れずに作るって手法もあってそっちも良いものだけど
fhána Real Sound @realsoundjp インタビュー
続きあとで読む
京都アニメーションがとても好きでもっとやりたい、という気概を感じるインタビューだった。
これ、とても興味深い記事だった。
いいインタビュー
fhánaのインタビューです!ひとつひとつの楽曲に意味があってとても作り込まれてることがよくわかる…
fhánaのインタビュー記事。ありがたいことに私の名前も出させてもらってます。秋山会長と伊藤副会長の名前も。
ディスコアニソン最高
chocolatreのドラム(只熊さん)が参加されてるのか!
佐藤:「今回はMFSBやロリータ・ホロウェイのような、ゴージャスなストリングスやワウギターが鳴るソウル・ミュージックが作りたかったんです」/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR