TOP > ネタ・話題・トピック > 新R25 > 「ぼくはバスガイ...

「ぼくはバスガイドのお姉さんと2時間話し込める」鈴木おさむが行き着いた“モテる男”論|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル

24コメント 登録日時:2018-12-10 10:25 | 新R25キャッシュ

すごい美人を落とした「今田耕司理論」とは?...

Twitterのコメント(24)

この記事は、面白いと思う。
スキルとかそういう話は気にならない中身。
鈴木おさむ氏曰く、人間への好奇心がモテのドライバーらしい。てかやはりリリーフランキーめっちゃモテるらしい。

- 20代ビジネスパーソンのバイブル
これはめちゃめちゃいい記事!
半径5メートルの野望やな。
"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
新R25の『鈴木おさむさんの論』
こことても共感できる↓ 逆に言うとリスペクトせずに女子に近づく奴多い😡

男って飽きっぽいから「この子かわいいな」なんて気持ちはすぐ消えちゃうんだけど、誰かをリスペクトする気持ちって、そう簡単に消えないものなんですよね。
これは、割と真理かもね。

"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
これってすごく本質をついてるな〜。

私は元々は人に興味のない人間なのですが、
PRを仕事にしていくうちに
人を知るってすごく面白いって気づいたのです。

想像力がある人は
仕事もできるし、人にもモテる。
\モテメッセージ発見💓/


鈴木おさむさんのこんな表情、はじめてみた…!

「ぼくはバスガイドのお姉さんと2時間話し込める」鈴木おさむが行き着いた"モテる男"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
下世話な動機なのにためになるからしっかり学びを得てしまって、その人のことも好きになってしまう、、
奇心は鍛える事ができる。
そのためには常に何かをアウトプットすることが大事。
「自分が体験した面白い話」をするだけでもいい。
「ぼくはバスガイドのお姉さんと2時間話し込める」
人間に対する好奇心が、モテる秘訣!好奇心があればコミュ障なんて関係ない。

「ぼくはバスガイドのお姉さんと2時間話し込める」鈴木おさむが行き着いた"モテる男"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
"好奇心は才能!だけど鍛えることができる!"

好奇心は鍛えれるんだ!って思ったら鍛えたくなった💪
読んだ本、見た映画、話した人、全てにアンテナ張っていこ🐒💕
やっぱり新R25のアプローチ好きだなー! 伝えるまでのデザインがとても。
「今田耕司理論」なるほど。たしかに。もっと詳しく聞きたい。笑

"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
人への好奇心は大きな武器になるなと改めて考えられた。

あと「今田耕司理論」面白い。。

新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
/"美人は行列待ち"の、今田耕司論ときたかw
"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル

考え方が勉強になるー!
「好奇心は鍛えられる」これは間違いない!
それにしても、業界の人って「〜理論」って言うの好きよね

>ぼくは「好奇心は一番の才能だ」って思ってるんだけど、それと同時に「好奇心は鍛えることもできる」と思ってる。

鈴木おさむが行き着いた論
この記事を読む前から薄々感じてたけど、やっぱりアウトプット前提で恋愛した方が絶対良いわ。女性の話に壊滅的に興味ないもん基本的に。
「聴いてみたよ!」っていう「行動」は、人の心を動かせるんです。

"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
「バブルの終わりかけのころ。"小室さんの飲み会"に呼ばれて、業界にかぶれてしまった」
「飽きっぽいから『この子かわいいな』なんて気持ちはすぐ消えちゃうんだけど、誰かをリスペクトする気持ちって、そう簡単に消えないもの」

鈴木おさむさんの恋愛論をきいてきました
"論|新R25(@shin_R25)- 20代ビジネスパーソンのバイブル
人間の「弱さ」を知ると、人間に優しくなれるんですよ/
経験してきたから言えるいいインタビュー記事だな~✨
名言しかない...

・半径5メートル以内の共通点があるといい
・"人間への好奇心"がある人がモテる
・誰かをリスペクトする気持ちって、そう簡単に消えない
・仕事を利用してモテようとしないこと

とはいえどれも、わざと図ると台無しなんだよな〜〜
難しいし、おもしろい
鈴木おさむ「紙に"別れよう"って殴り書きして、FAXで送りつけた。しかも相手は実家」

上京後、バブリーな業界に染まり、めちゃくちゃ女の子と遊んでいたという鈴木おさむさん(@suzukiosamuchan)。

自らを「ひどい男だった」と語る彼がたどり着いた真の「モテ」とは…?
以上

記事本文: 「ぼくはバスガイドのお姉さんと2時間話し込める」鈴木おさむが行き着いた“モテる男”論|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル

関連記事