TOP > IT・テクノロジー > 2018年の最先端バックエンドエンジニアになろう - Qiita

2018年の最先端バックエンドエンジニアになろう - Qiita

25コメント 登録日時:2018-05-24 10:56 | Qiitaキャッシュ

フロントエンドエンジニア / バックエンドエンジニア先日2018年の最先端フロントエンドエンジニアになろうという記事を訳したのですが、そのリポジトリにはバックエンドとDevOpsのロードマップ画像も置いてあります。しかしバックエンドのテキストにはTODOの1行だけで、動きがありませんでした。解説が追加されないかなー、と思ってたら別の人がやってたのを見付けました。ということで以下はModern Backend De...

ツイッターのコメント(25)

ちょっと最近怠けてたからQiitaを読み漁り中...
これのフロント、バック、DevOpsそれぞれ見たけどやっぱりエンジニアって動機がなんであれ継続的に勉強できる人じゃないと厳しいと思う
勉強し始めた時に何をすればいいのか迷う人が多いと思います。
選択肢が多すぎますよね😱
今回紹介する記事の『Modern Backend Developer in 2018』は最近のバックエンド開発者のロードマップについて記事の日本語訳が書いてあるので参考にしてください!🍎🍇
これの2番目はミニアプリじゃなくて載せてあるようなコマンドの再現とかをしないと意味がないのだろうか?
手探りでバックエンドエンジニアの究め方を探してる私には、ちょうど良い記事 /
朝から読んでた(*´-`)
あー足りてない!全然足りてないなぁー私()
ちなみに情報少なめですが、バックエンドエンジニア版もあります。

今Node.jsをやっているので、次はHaskellでもやりましょうかね☺️
自分の知識、アップデートしないと
@Qiita
だいたい知ってると思ったらそうでもなかった
ロードマップの最初の方にテストかけって書いてあるからテストかくことにする。(素直)
バックエンドエンジニアになるためのとても参考になるロードマップの記事を見つけた。
バックエンドをC++で書いてみたいけど、やはり現代では使い所ないのかなぁ・・・よく分からないです。 @Qiita
純粋にこれをなぞって学ぶことが出来たなら実際に立派なバックエンドエンジニアになれそう
スクリプト言語を使っているのであれば、次は別のスクリプト言語ではなく、関数型言語もしくはマルチパラダイム言語から選択することをお勧めします。
Kotlinが入ってない!やり直し! @Qiita
学習への指針がまとめられている気がする。
@Qiita
これ自分で翻訳したわけでもないものを丸々転載しただけなうえに最後に求人まで貼ってて、何を考えたらこんなことが出来るんだろう / - Qiita”
"え?Perl?ははは" とか書いといて、PHP が片方の選択肢をすんなりと受け入れてるのは意味が分からないな / - Qiita”
フロントエンドよりは、動かすための準備が少なくてよいのが良さではある。でもほとんどIDEとターミナルしか見ないから初心者からすると地味だしモチベーションを保ちにくそう。 / -…”
戸田奈津子ってホントなの? / @Qiita
GraphQLは触ったことない、触らないといけない気がする

@Qiita
“それができたら、次はGitHubからいくつかプロジェクトをピックアップして、プルリクエストを送ってみます。 たとえば以下のような ・学んできたベストプラクティスでコードをリファクタリングする。 ・未解決のissueを / “2…”
毎回戸田奈津子訳で笑う
以上

記事本文: 2018年の最先端バックエンドエンジニアになろう - Qiita

いま話題の記事