TOP > IT・テクノロジー > 2018年の最先端バックエンドエンジニアに必要なスキルについて考えてみました。 - Qiita

2018年の最先端バックエンドエンジニアに必要なスキルについて考えてみました。 - Qiita

115コメント 登録日時:2018-05-28 09:34 | Qiitaキャッシュ

@rana_kualuさんの[2018年の最先端バックエンドエンジニアになろう](https://qiita.com/rana_kualu/items/19ab559dddbca6674417)という翻訳記事がとても興味深かったのです......

ツイッターのコメント(115)

結構ヤバみ
俺がここ1年半で学んだこととほぼ同じことが簡潔にまとめられてる 十分俺は一通りやれたってことだろう
無理ーとか言っている場合ではない
危機感がすごくすごい
2019年も終わろうとしていますが、昨年の5月時点でこういう記事が書けるのだから、このぐらい前のめりな視点で物事を捉えられるようになりたいと思いますね。
2019年も大きく変わらないかな🤔?
Dockerよさげだった。今まで使っていなかったのがもったいない。

ちなみにこちら( )によるとDocker使っていない会社は早めにやめたほうがいいらしいです。
去年の記事だけど、自分がやばいと感じさせられる記事だった。
"ちなみに.NET(C#/VB.NET)に関しては、Web業界のバックエンドエンジニアにとってはあまり使い道がない言語なので、これは無視して問題ないと思います。(アプリ開発にも興味があってXamarinやUnityを使ってみたいという方は別だとは思いますが)"
やる事いっぱいあるなぁ
@Sig_Escape qiitaに頼りきり。サーバーサイドKotlinとか面白そうだけどRubyかPHPできりゃ潰し効きそう。3年前は「これからはScalaだ!」って言ってた気もするけど全然来ないな。
昨日これ読んで絶望してたマン
これとても良くまとまってる。自分の経歴やスキルセットを棚卸しする際に何が足りてないのかがわかりやすい!
自分らかなり遅れてる感_:(´ཀ`」 ∠):
学べてない事が多すぎて人生お先真っ暗だァ…ガンガン学ばないと
最近はほとんどnginxってのを使うらしい。。
名前は聞くけど、apacheが殆ど使われないってのはショック。。。
これを読んだら危機感しかないよね😨
動的型付けのスクリプト言語はPHPをやっているので、次にやるなら

・静的型付けのコンパイル言語

か。GoかJavaか…。

ちょっと待て、その前にDockerだ!
Dockerを学習しようと思ったきっかけ
・環境の違いを簡単に吸収できそうだった
・求人要項を見ていて歓迎スキルでよく見かけた
・何か色々出来そう感
・この記事を読んでトレンドから相当遅れていることを実感したため
コンテナのCの字もないんで辞めます
エンジニアとして何を勉強するか迷ったらおすすめの記事

今エンジニアが知っておくべき技術がまとめられてる🙋‍♂️

知らない技術があったら調べてみよう!

勝又さん(@poly_soft)の記事は他にも有益な技術情報をまとめているのでおすすめ!
勉強することはいっぱいありそうだ。 /
こういうのを読むともっと勉強しなくちゃ(使命感)ってなる
いろいろ勉強なった。
おさえておくべきキーワードがまとまっているように感じたのでリンク。
この記事で紹介した僕のスキルセットに驚いた人が多かったみたいですけど、これが「宝箱を全部開けようとせずに十分な技術キーワードを稼いだら次に進む」の効果。

「業務経歴書で重要なのは技術の"数"であって"深さ"ではない」ということを理解しとくことが重要ですね(^.^)
バックエンドに必要なスキル一覧を見て絶望してる😇

・動的スクリプト言語
・静的コンパイル言語と関数型言語
・セキュリティ
・テスト
・RDBMS
・Webフレームワーク
・REST API
・認証
・Docker
・Webサーバー

道は長い…😭
もうすぐ2018年も終わるけど、言葉は分かるけど深くしらないものも多々ある。
まだまだやなぁと感じるなか、WebフレームワークのところにSpringは無くなっていた。
キャリアプランを考える上では「Web業界のテクノロジーの全体像を掴む」ことも大切でして、そのための最も簡単な方法が「はてブやQiitaを継続的に見る」なんですよね。

バックエンドの人は、こちらの僕の記事を読んでからトレンドチェックするとさらに効率的だと思いますw
@batam8 ちょっと煽り臭い記事だけど参考に・・・・。
バックエンドエンジニアではないけど、焦るー
.NET にかぎらずSmalltalk, D, Lisp/Scheme, OCamlあたりもWebのバックエンドで当然使えるんだけど、「やってみた」「プロダクションで普通に使ってる」という日本語のブログや記事が少なく、ワナビがあえて選ぶには弱いかも。
むしろバックエンドでは.NETほとんどの場面統合された環境で使えていいんじゃないですかねと思い誰だこんなの書いたのと思ったら旬のテックイケハヤ先生でさすが豊富な知識でパネーす(´・ω・`):
こういうの読んでクラクラしているところ。ゲーム系だから関係ないもんとおいていかれて良いわけがないよなあ。モダンな環境に身をおくのが一番だろうねー。
元ネタはdocker
道が長い。。。

けど毎年この手の記事読む毎にクリアしてる項目が増えてるような手応えもある
覚えること多すぎわロタ😂
言語は動的型付けのスクリプト言語しかやってないけど(静的型付けのコンパイル言語もやってたけど黒歴史なので記憶から抹消した)、今の職場は手を挙げればだいたい経験できるのでありがたい。
code記法にすべきでないところまで濫用されてて読みにくい
ほんとそれ
ちなみに.NET(C#/VB.NET)に関しては、Web業界のバックエンドエンジニアにとってはあまり使い道がない言語...無視して問題ない...(...Unityを使ってみたいという方は別...

2018年の最先端バックエンドエンジニアに必要なスキルについて考えてみました。
仰る通りですよね。。
>少なくとも「レガシー環境で歯を食いしばって頑張る」というのは、旧来の日本的な価値観においては「美徳」ということになると思うのですが、最前線のバックエンドエンジニアを目指す上ではほとんどメリットがありません
当時は色々工夫していたつもりだったが、環境を変えてみたら「底辺の方で今まで頑張っていたんだな」と最近感じることが多いので余計心に刺さるw

「レガシー環境で歯を食いしばって頑張る」最前線のバックエンドエンジニアを目指す上ではほとんどメリットがありません
素晴らしい。これを踏まえるとうちの会社メチャクチャ遅れてるやん...
最低限Docker環境とCI/CDでの自動テストはやってかないと。
良記事だなぁ
6割くらいは触ってるけど、触っただけというか実務でちょっと触ったことある程度だし、CDNとか機械学習とかサーバーレスとか構成管理とかは全くの未開の地。
やれることまだまだ一杯あって楽しみだ!!!
バックエンドやってれば結果大体こんな経験を積むことになります。
書いてある通り一気に覚えるとかじゃなくて、必然的にそれぞれ経験することになります。(もちろん避ければありませんが)
この人の何がすごいって、これらを文章として起こせることですね!
>>もしこの記事を読んでおられる皆さんの会社がまだ本番環境でDockerを運用していないのであれば、多分その会社は早めに辞めたほうが良いと思います。

んwww
この記事読んで、強烈な危機感を持ってる。
記事の人が扱ってきたプログラム言語の数もさながら、仕事でもしっかり使ってるのがすごい。
というか、、、弊社の技術力、低過ぎ、、、
>もしこの記事を読んでおられる皆さんの会社がまだ本番環境でDockerを運用していないのであれば、多分その会社は早めに辞めたほうが良いと思います。

マジんごw
@ReSTARTR ですよね〜。後は正社員じゃないと新しいことがやれるチャンスは貰えないかなと言う感じはあります。
記事はこちらです(関連した記事もそれなりにふむふむと
これ参考にしよ!!!!!!!!
この記事が素晴らしいと思うので、こうしたスキルセットを意識して開発して行こうと思います。
それにしても、なかなかソロ開発にはハードですね。誰か手伝ってくれないかなぁ~。
わいうぇっぶじゃないけど、完全にレガシー
もちろん、インフラの全てをコードで管理しようとすると、逆につらみが発生する箇所もありますので、適度な妥協は必要になるのですが、基本的にはコードで管理出来るインフラは全てコード化するという方針にしておいた方が色々な面で楽になりますし、↑
ほとんどのサービスにおいてはデータストアはRDBのみで問題なくなるのではという印象ではあるのですが
完全に同意。というか我は NoSQL が流行り始めた頃から言ってるよね?
また、別の方のコメントですが
ズバッと書かれているので参考になります。


特にCIあたり。
すげーなー、勉強せねば
もう2018年の半分以上が終わってしまったけど、すごく参考になりました。確かに最近はLAMP環境以外でApacheを見かけない。インフラ・CIツール回りは一度しっかり勉強しないとなぁ・・。/
めちゃくちゃ参考になりつつ、危機感煽られる記事。
ふわっと触ったことあるものが多いな〜〜
業務でJavaをやっているからRoRも出来るようにしよう。



「スクリプト言語しか経験がない」とか「コンパイル型言語しか経験がない」とかバランスが悪い。
RoboTechはやめた方がいいことがわかった。
N予備校で概ね習得できる💪
/ こういうの見ると、某SIerのしたうけ時代に、時代に置いて行かれてもう取り戻しが付かないな、と思って将来を悲観する。
これ読んで、足りないところとか必要そうなところとりあえず書き出すか
面白そうだから後で
ふむ
基本的には知ってるけど実際に使ったことないモノ多いから必要に応じてキャッチアップは続けていかんとなぁ
果てしない😇
これはかなり勉強になりますね。
ずっと関数型言語触ったことないのが気になってたけど、決めた。
年内にHaskellでなんか作る。
やることがたくさんある笑
でもこれができるようになったら、かなり重宝されるバックエンドエンジニアになれるだろうな
ためになる基礎知識
とても参考になりました!
読んだ。
もっと勉強しなきゃなぁと思わせてくれた😅
うひー、こんなに学ぶことあるの…
時にはこんな感じで現実を突きつけてくれる記事を読むことは大事だなと思いました。(内心ちょっと焦る)
記事に書いてある内容については、エンジニアとして意識高めるには良い内容。なんだけど、どれか1つでも手を出して一回地獄を見て欲しい。転職とかの話はそれから。
ちょこちょこ転職を進めてくる記事/
大体認識と近い
この人、炎上商法なのかな、ネタも3年は古いし、本気で今更こんな話を最新とか思って書いてるのかな・・・心配
あとでしっかり読む。メモメモ
最先端のバックエンドでは.NET(C#/VB.NET)は使い道がないのでオワコン

〆(゚_゚*)フムフム
似たような記事を2年前から少しずつ改変しながら公開してんだけど、いいねの数が違いすぎて笑った。。
SQSちょっと触って見たい
ひぃぃっ / "もしこの記事を読んでおられる皆さんの会社がまだ本番環境でDockerを運用していないのであれば、多分その会社は早めに辞めたほうが良いと思います。"
バズった記事にはだいたいはてブ噛みつきマンがおるな
ぱっと見たけど今全部やってるし当たり前ではという気持ち
今年一年で全て経験したい

@Qiita
タイトルに釣られたけど特に目新しいことないな
痛快。エンジニアはこうじゃないと。
“機械学習そのものの知見だけでなく、機械学習周辺の各種のテクノロジーに詳しくなっていくことは、バックエンドエンジニアのキャリアを進展させる上で大きなメリットがあるのではないかと考えております。” / “2018年の最前線バックエ…”
8割経験があって嬉しい!
残りの2割入社までに触っておこう〜

@Qiita
正直な話バックエンドのエンジニアがこれだけ大量の知識を持っていても給料は1案件だよね。 / @Qiita
前見た記事と同じかと思ったら、別のやつだった。これの方が分かりやすいかも @Qiita
結構噛んでる感はある
@Qiita

めっちゃ煽られて危機感
インフラ方面さっぱりだから知らないことだらけや
@Qiita
いろいろと「つよい」エンジニアみを感じた
うーん、ここがバックエンドなんだろうかという気持ちが大変いたします。 /
見てる →
NoSQLからRDBMSへの揺り戻しが起きつつあるという話は俺の現状認識とは違うなあ。一部の人が代替として飛び付いただけで、揺り戻しもなにも役割が違う。メインのデータストアとしては今も昔もRDBMSしかないんじゃ。 / “201…”
あとで読むメモ
これもだ。ヤバイぞ|
2018年の最前線バックエンドエンジニアに必要なスキルについて考えてみました。@rana_kualu さんの 2018年の最先端バックエンドエンジニアになろう という翻訳記事がとても興味深かったのですが、記事内で提示されているロー…
スキルの棚卸しする時にこういうのあるとすごい便利でありがたい /
すごいよくまとまってる。

@Qiita
以上

記事本文: 2018年の最先端バックエンドエンジニアに必要なスキルについて考えてみました。 - Qiita

いま話題の記事