TOP > IT・テクノロジー > 糞コードは直すな。 - Qiita

糞コードは直すな。 - Qiita

168コメント 2020-08-01 00:04 | Qiitaキャッシュ

とりあえず落ち着け。みなさん、毎日なにかしらのコードを読み、開発する日々を送っていると思います。そんな中で、糞コードは死ぬべきである!!絶対に直すべき!!という感情に取りつかれてしまうことがあると思います。自分の技術力......

ツイッターのコメント(168)

そうなんだよな、、冷静さと戦略を持ってチームとして取り組んでいかないと、個人プレーだけで解決できるスーパーマンはなかなかいない...
めっっっちゃおもしろいw
(コードの例分かんないとことあるけど)もっと汎用的なのだとえくせる…というか過去資料なんかも、もっと言うと積み上げがあるものすべてに通ずるかもしれない()
善し悪しじゃなくて現実の話として
>ビジネスとしてのプログラムは本質的に糞である

このフレーズすこ
わかりみがふかいですね
技術負債を安直に直さず、技術負債を解消するうえでどういう力学が働くのか、なぜ技術負債が発生してしまったのかを考え、一旦引いた眼で状況を把握することが大切!/
キラキラした部分だけでなく、こういう現実を語るエンジニアがもっといても良いと思う。
素晴らしい投稿。心当たりありすぎる

結局は最適化問題か。前提が変わらない限り糞コードは局所的最適解となりビジネス効果が高い。一方で前提が変わると、糞コードは大局的最適解を求める足枷となり、ビジネス効果の無い糞コードに成り果てる
読みました。
最近は、書き直してるな
---
読んだ。まあ昔から言われてることだけれどよくまとまってる。

今動いてる、複雑なビジネスロジックを実装したコードは大切にしろ、ということかな。
だいたい正しい
タメになる
コメントの盛り上がり方から、業界の闇が見える...w
「仕様が複雑すぎて書き直す方がバグが出る」これはコードだけではなく組織や仕事のやり方、ルールなどにも当てはまりそう。「ビジネスの知識が浅いまま」作りなおすことは混乱を招くけど、かといってそのままでいいのか?/
今のところ、NC旋盤のGコードで前任の垂れた糞を履き清めてる。
「DORILU」を「DRILL」に直すような、ここの例とは比較にならん低レベルやけどな。
目を引くタイトル。直すなと言っても『安易に直すな』ということで。
大事(戒め)🙁
まあ、一度リリースしたコードは必要が無い限り触らないのが「鉄則」です。

必要があれば一瞬の迷いも無く焼き払いますけどね。
また一つ賢くなった。心に刻んでおこう。。
dropboxの例は認可を疎結合にできていれば難しくなさそう。古い仕様は使わなくなったwriteを消してreadだけ保守したいものだ
技術的連帯保証人は上手いな。しかし他社さんはどう向き合っているのだろうか?気になる。
わかるよ
具体例が面白い
過去1ファイル6万行越えなどの糞コードをメンテしてた自分には分かり過ぎる話

自分は長く使われ続けるプロダクトの糞コードは積極的に直すべきだと思ってる

全てを紐解き、安全に糞コードを直せるエンジニアこそ優れたプロダクト開発エンジニア
なんか、同じよーな光景を、みた記憶があったような、なかったような、、あ、誰だろう、こんな時間に…
エンジニアの方々リスペクト。
動いてるコードは正義だ(なおコメント欄はファイヤーしてる模様)
なかなかに深い内容だった。
現在進行形で糞コードを直す仕事やってるけど直すと何が起こるか分からないからスリリングだよ…
今日のおすすめ記事その①
おもしろい。
残念ですが、あなたの給料は糞コードに支えられている。
> 残念ながら「金を稼ぐ実績のある糞コード」 v.s. 「金を稼ぐか分からない実績のない綺麗なコード」だと短期の経済合理性は前者の方が高くなります。
闇の深いコードをあまり直視しすぎると自分自身の心身の健康に良くないと言うことに気づいてやめました、今は元気に生活しています
"それはビジネスの試行錯誤の歴史であり、もしかしたら、そのキャンペーンを行わなければ、今のプロダクトが無かったかもしれません。そのため、糞コードを直したいのであれば、そういったプロダクトに関する歴史的事実とも向き合わなければなりません。"
残念ですが、あなたの給料は糞コードに支えられている。
>一旦引いた眼で状況を把握し、技術負債を解消するうえでどういう力学が働くのか、なぜ技術負債が発生してしまったのかを考え、やるべきことを1つずつ積んでいくのが大事
いやもう本当にそれ。

>ビジネスとしてのプログラムは本質的に糞である
クソコードがクソコードたる由縁を知らないと 悪・即・斬しても誰も幸せにならないことがあるってことなんやな。
わかりみが深い。コメントをなるべく残してあげてのちのエンジニアに向けて引き継ぐしか選択肢ないんだよなあ
こういうラディカルな記事(ロキノン風)を書けなくなった私はもうパンクを歌えない
なるほど、こういう視点もあるのか。糞コードと唾棄するときはビジネスを簡単に捉えすぎてる場合もある
2,3年前に読みたかった
クソコードはだいたい信頼できるテストコードが無いから直すならちゃんと準備してからにして、思い込みと勢いだけでやるなって話ね。分かる。
"糞コードが糞コードたる所以で、大体、1日、2日で直すことができないから糞コードなのです"

パワーワードすぎる。
それはそれとして直せるようにするための周辺環境(テストとか)は整えておくのは大切
動いてるクソコードだと思ったら実は動いて無くて後から問題発生、あると思います

>
これはその通り。

大体、1日、2日で直すことができないから糞コードなのです。
読んだ。 -
ハッとさせられる記事
非常に素晴らしい記事。全ての部分に完全に同意。「糞コードに敬意を」これですよ。 >
糞コードは直すな
→治せないなら良いですー(Airpay)で優秀な若手が去る
→治したくてもヤブプログラマーしかいないので治せない
→無理やり治した結果、さらに糞コードが増殖する
もっと見る (残り約118件)
 
本文を読む:糞コードは直すな。 - Qiita

いま話題のニュース

PR