TOP > IT・テクノロジー > Qiita > 「ゴミ記事が多す...

「ゴミ記事が多すぎる問題」に対する私見

66コメント 登録日時:2018-10-10 11:54 | Qiitaキャッシュ

## 結論**「ゴミ記事」の判定とフィルタリングはGoogle[^1]とそのユーザーの責務なので、気にせずに書き続けましょう。**以下、蛇足## 定義いくつかの記事についたコメントを見たところ、「ゴミ記事」の定義は以下に集......

Twitterのコメント(66)

@StaPriEG2 久々に見たらコメントが荒れてたみたいだけど、僕はこの記事の味方(Qiitaチームが出てきたw)
>こんにちは、Qiita開発チームの東峰です。
>こうした点にうまく対処できない要因の多くは前述の通りQiitaのコメント欄が機能として貧弱であることや、コミュニティマネジメントが行き届いていない点が要因で、皆様には…
有用と思って書いていても見る人によってはそう思われるから。
自分は、文章下手やし、誰得やねんと思いながら書いていたけど、それでも書いてくねん。
最近読んだこの記事に感銘を受けた。なるほど確かに……!!
コメント欄がすごい...
うわあ... //
この記事に賛同者が増えてQiitaにゴミ記事が増えたら、私個人はQiitaをフィルタすれば済む。でも初心者はそうはいかないからなー / /
ホントのゴミ記事は金儲け目当てのトレンドブログと の技術記事やで。ゴミ記事の定義が優しすぎる。そもそもチュートリアルとかインストールの本家でわからない人間はプログラミングやらない方が人生のプラスになるからね。
検索理論上、精度と再現率は両立しないし、Googleは正しさについては統計的検定を使っているため、正しさの保証は限界がある。技術的に成しえぬ事を求めるな。

"「ゴミ記事」の判定とフィルタリングはGoogleとそのユーザーの責務なので、気にせずに書き続けましょう。"
コメント読もうと思ってやめた/
ゴミ記事を判別するのはユーザーの債務っていうのすごく納得できる。 /
こういう何かに対する批判的な記事(群)って、大抵コメントも作者に対する批判で溢れかえっているイメージだけど、これは共感する人が多くて、ここに日本のIT界隈の闇を感じた気がする
そうだよ。テクノロジーで解決すべき。

「「ゴミ記事」の判定とフィルタリングはGoogleとそのユーザーの責務なので、気にせずに書き続けましょう」
コメントがとても多いね。
「アウトプットしたい、、けど怖い、」という人はこの記事絶対みてほしい!!

質の低い記事を見てしまうのは、だれに責任があるのかというお話です。図書館の例えを用いて、とても分かりやすく説明してくれています!
同意です。
ユーザにとって99.9%のコンテンツは間違っているか、スパム。
だからみんなじゃんじゃん書こうぜ。
上から12番目のコメントに激しく同意。
「初心者の要領を得ない記事にも、この環境で動作してる事例がある(と書かれている)だけで、存在価値はあるんだよ?」という話を友人としたばかりでした。
これは本当に正しい発想だし目から鱗だったんだけど、SEO対策しまくって無理やりゴミ記事を見せてくる某塾とかだけは許せないものがある。
これついてるコメントがちょくちょく民度が低くて笑ってる
周りの目や言葉なんかなんか気にせず、これから毎日技術系チラ裏記事書いていこうぜ

【 - Qiita】
ゴミ記事書いてすみません。
ゴミ記事があるからこそりょうきじが存在するのだと思いたい派です。
まあ、でも無料で手に入る情報で考えるとだいたいの記事が良記事だと思います。
日本語で調べても見つからなかった情報が英語で調べると見つかることはよくありますが、英語で書かれた記事の絶対数が多いだけだと思います。

それな。
"よく「ゴミ記事が増えると目的の情報を検索しにくくなる」というコメントがありますが、あれは「私は検索するのが下手です」と言っているのと同じだと思っています" /
どんどん書いたらええ!幸いQiitaには編集機能と編集リクエスト機能が備わっている /
人が書いたのゴミとか失礼な話だけど検索すると最近な情報より上に二次情報のqiita がくるの本当つらい。自分は大丈夫だとしても他の人かそれしか読まなかったりするから。
この記事めっちゃいいこといってる

メンターもメンバーもいっぱい記事書こう。マサカリは次への改善のきっかけにすればいいよ。指摘されたら素直に直せばいい。
ゆうて最近Qiita書けてないのだけど…
これなんだよなぁ
またマイナスが増えましたな。って気持ちになる程度で
未来の人のためには仕方がないことって受け入れてる。

ただ、好きか嫌いかで言えば嫌い。
外に出すからこそ出来るだけ質は向上してほしいし、明らかなPV稼ぎ行為はやめて欲しい。
けど、書き続けて未来に繋げて欲しい
読む側がダメだと思ったらスルーすればいいだけの話なのにね>
こんな風に引用しつつ、考えを提案する、素晴らしい。この形式が増えれば良い記事も増えると思う。
概ね同意だけど、あきらかなアフィ目的で記事をフリーライターに低額でかかせたような会社が運営してる量産系はまーーじでうっとーしいから無くなってくれ
あれは言うなれば顔に飛んでくる羽虫
殺虫剤まいちゃる!
/
この内容自体は完全同意なんだけど、この記事自体は に書く記事じゃないわなw
一時期ガイドライン警察がいたし、「 はこう使うべきである」という思いが交錯している印象はある。
パブリックな文書を書くことは非常に大切だが、もしメモとか備忘録を書きたいのであれば Scrapbox とかを使うのもアリよ。
-- 「ゴミ記事が多すぎる問題」に対する私見
こう、ポジティブな意見が肯定されている記事を見ると、とても気持ちいし、がんばろうという気持ちになりますね😊これからバカは記事を書くな、見たいな意見には、この記事を見せて、うるせーわがまま言うんじゃねぇ!と言いたいです
「ゴミ記事」を踏んで躓かないようにするのは読者の責任だからみなさん気をつけてくださいね (そういう方とよく接してきた) /
同意。Web上の玉石混交なのが前提だし、不要なものは自分で判断して捨てるのが鉄則。むしろ多少雑でも日本語の情報はなんだかんだ英語読むより理解するコストは下がるので、どんどん増えるべき
ていっ。解決。
完全に同意。どんどん書きましょ!
"「ゴミ記事が増えると目的の情報を検索しにくくなる」というコメントがありますが、あれは「私は検索するのが下手です」と言っているのと同じ" /
ゴミ記事がホットエントリに上がってきて鬱陶しく感じるのはゴミ記事をストックするユーザが悪い
自分は今までゴミ記事という観点で記事を読んだことがないなぁ。単に自分の探してる情報ではないな、以上という感じ。アウトプットすることの大変さを分かってるので、どんな記事でも書いてる人をリスペクトしてる。
「ゴミ記事」の判定とフィルタリングはGoogleとそのユーザーの責務なので、気にせずに書き続けましょう

完全に同意。
あとqiitaみたいなユーザー作成コンテンツサービスは、そのフィルタリングがサービスのUXに関わるのだから当然サービスの管理者の責任。それでよいのだ
永遠の初学者であるコピペプログラマにクソ情報を与えるQiitaは有害。Googleには玉石混淆なサイトを評価するアルゴリズムを工夫してほしいな。 /
レベル高い人にとってはゴミ記事かもしれんけどアウトプットがんばるぞ|
これは良ポエム
全く同意。ゴミ記事が増えようがなんだろうが日本語の記事は少なすぎる。新しいことになればなるほど。どんどんネットにゴミをまきましょう!w/
同感。そして、とにかく書かないと上手くならない。 / "c8881dcde93d4cb035c7"
量が質を生むという事もある。個々のアウトプットが全体レベルの底上げにつながって欲しい。
Web系の記事でなんのエクスキューズもなくbrewコマンド書かれると誰も彼もmac使ってると思うなよとは思う/環境依存ないと思ってても動かした環境を書こう。 / "c8881dcde93d4cb035c7"
「私見」という名のポエムが技術情報共有サイトにのる地獄。結果的にゴミ記事になるのは仕方ないとして(コメントやら反応やら見つつブラッシュアップすれば良いと思う)改善する気もなく開き直るのは良くないと思う / "c8881dcde9…"
眼前の具体的な問題を片付けたい、あるいはそれを共有したいという需要を解決するのに、「記事の集積」で応じるという現状は、マッチしてないのではないか。でも、将来的には機械知性が何とかしてくれるはず…。 / "c8881dcde93d…"
「間違いは誰にでも起こる」「情報技術の進展は日進月歩であり瞬く間に陳腐化する」の2点だけでも多くの記事はゴミ記事になるのでは?と思う。ただ3年前に書いたライブラリ導入記事にいいねが付くと微妙な気持ちに。
共感。アウトプットするとき、初学者は正しさハラスメントに躊躇しないでほしい。

「ゴミ記事が増えると目的の情報を検索しにくくなる」というコメントがありますが、あれは「私は検索するのが下手です」と言っているのと同じ

/
今週のトレンドはこれ関係で埋まりそうw
『「私は検索するのが下手です」』は同意できんな。
当たり前にTOPにきてた正規サイトとかが一手間加えないと出なくなるなら文句言う人も出て来るでしょ。
あと意見が違う人にレッテル貼って黙らす手法はダサいと思う。
『よく「ゴミ記事が増えると目的の情報を検索しにくくなる」というコメントがありますが、あれは「私は検索するのが下手です」と言っているのと同じだと思っています。』 よね。大抵 "私には役に立たない"の言い換えに過ぎない。
単純に考えると、「記事の絶対数が足りない」ということと、「日本ではエンジニア不足が過酷であるため、現時点では入門者が多いのでは?」という仮定をすると、徐々にゴミ記事と称される記事の増加率は減少するのではと思っている。
入門者向けの記事がゴミ記事認定されるってまじか...
まぁ、ゴミも資源やし
以上

記事本文: 「ゴミ記事が多すぎる問題」に対する私見

関連記事